宝塚歌劇星組公演「ANOTHER WORLD/Killer Rouge」

宝塚歌劇星組公演「ANOTHER WORLD/Killer Rouge」


2018年7月8日ソワレ


前作が好みに合わなかったのでちょっとドキドキしながらも「落語の谷先生を信じろ!!今回はみんな最初から死んでる!!」とか「サイトーくんがやってくれてる(はず)!!」とか言いながら見に行きました。友人を道連れにして。

いやはやどっちも好きでしたね面白かったです。

以下雑感。


「ANOTHER WORLD」

・宝塚和物の醍醐味チョンパを全世界見てくれーーーー!!!みたいなオープニング最高オブ最高。

今回は友人に何よりこれを見て欲しかった。私宝塚和物のチョンパ(全員板付で拍子木の音に合わせて照明がパッとつくやつ)が宝塚歌劇の好きなところ3本の指に入ると言っても過言じゃないくらい好きで、もうアレ見たさに今これを書きながらまたアナワ見たくなってる。テンションが上がる…友人にも「アレはテンション上がるわ分かる」といってもらえて嬉しかった。チョンパ年1で必ずやってほしい…90周年ごろは和物はとにかく客入りが悪いって言われていたけど今はどうなのかな?

・本編、最初の蓮の花に乗って康次郎さんの紅さんが出てくるところ、スモーク使いに紫ベースのすごい綺麗な照明がこれ勝柴さんじゃね、と思って確認したら勝柴次郎さんの照明でしたねあの手のライティングさせたら右に出る人いないですわ…すっごい綺麗。宝塚大体勝柴さんなんだけど、あの紫の使い方はなんか独特感ある…。

・落語の紅さんはなんか本領発揮というか、谷コメディ×紅さんの芸人資質の組合せの良さを思い知るテンポだったな…最初から最後まで。妙に耳に残る♪わっくわっく〜うっきうっき〜の曲もだけど料理の仕方でこんなに素材が生きるものかと…!!

・金兵衛(美稀千種)が康次郎さん(紅さん)の桶に借金の取り立ての証文を入れると上から証文が入った頭陀袋が落ちてくるとこ本当よくできてるなーと感心してしまった…またこれが後の展開にちゃんとかかってくるから偉いよ〜

・上手花道からせり上がってくる徳三郎さん礼真琴、最初からクライマックス。既にラスボスの風格。いやあまりにかっこいいでしょ…思い出しただけで「かっこいい…」って思わず呟いてしまうわ…10年目…そうかアレで10年目の男役かあ…完成度がすごい…

・細かいことなんですけど、「遊びがしたい〜♪」の「あ」の音がめっちゃ最高でしたね…琴ちゃん…

・琴ちゃん取り巻きの娘さんたちの中にいる小桜ほのかちゃんがもう目を惹いて惹いて…可愛い…ほのかちゃん可愛い好き。

・めいどかふぇの店員さん初音さん有沙瞳(くらっち)、美味しいお役頂いてて嬉しいしかないですね…(基本雪担)

・フグの紋を琴ちゃんが見せた時の魚仲間ー!!ってぴょんぴょんしてる喜六七海ひろき(カイちゃん)どう見ても完全にあざらし…ちらほら「カイちゃんがあざらし」ってのは見かけてたんだけどここかぁ〜〜!!って笑ってしまった…

・ここの紅さんと琴ちゃん御一行の掛け合いすごいテンポよくて楽しいしかなかった。くらっちも入ってきて更にトントン話が転がっていくから客席も反応良くてこういうやついいな!!って素直に思えた。楽しいって大事!

・それにしても琴ちゃんがうめえ…ずっと「礼真琴が上手い」のターンが続く感じだった…歌も芝居も…

・紅さんのお衣装替えの後の、あのポスタービジュアルにも使われてる水色のお衣装すごい好き。パンフとかでもまじまじ見返してしまう…「あの世」が舞台であんなにキラッキラのお衣装着せて許されるの宝塚くらいだと思うんだけど。頭の三角布もあんな王冠みたいなデザインで…(笑)大体死んだのに打ち出の小槌が刺繍であしらわれてるお着物の時点でもうなんか面白くないですか…。

・冥土に着いてからきましたきました貧乏神の貧ちゃん!!華形ひかる(みつる)さん!!2005年以来の貧ちゃん!!(くわしくは「くらわんか」をご覧ください)こういうクロスオーバー大好きだから素直にウフフってなってしまった…13年ぶりだもの、「懐かしい響き」にもなるわね…。しかしもうあの学年で専科さんになったのに貧ちゃんがあんなに可愛いのは恐れ入ったわ…

・あの世の大学のくだりとかラインダンスのくだりとか忠臣蔵のくだりとかギリギリくだらなくてめっっっっっっちゃ好き

・冥土歌劇団のスターがみきちぐさんで出てきた瞬間噴いてしまってなんかもうその配役もずるいよーーー

・ラインダンスに顔がいい男役がいるとおもったら奏碧タケルくんで、そういえば私ベルリン?ロマンス?の時にも顔がいいって言ってた記憶がある…なんか顔がいい…

・ベルはすのくだりは植田紳爾先生にもちろんちゃんと許可貰ってんだよな…w話回すしゃべくりを紅さんに、ツッコミを琴ちゃんに振ってる辺り分かってる感がすごい。ここの琴ちゃんの喋る低めのキーがこう…グッときた…

・美人座の小五郎可愛すぎるでしょ…と思ったら十碧れいや(ポコちゃん)だった…可愛い…退団惜しすぎる…

・美人座の舞台上で繰り広げられる茶番好き…

・阿漕姐さん(夢妃杏瑠)かっこよすぎるでしょ…

・鬼に至ってはパンフ確認するまで誰だか全くわからない仕様だったんだけどこれは下級生に対する試練かな…(桃党純くんと天華えまくんでしたね)

・紅さんと愛里ちゃんの文楽風のシーンすっごい好きなんだけど、あれ本当に文楽なんだね…!!(場面名が文楽崇徳院心中)

・若干やりすぎにも聞こえるくらいこぶしを効かせたくらっちの歌があまりにも合いすぎてて使いどころわかってる感がすごい。そうそうこれだよ…。ノリノリで語り出すくらっちにツッコむ琴ちゃんもテンポがいい…!琴ちゃん声のキーが低い時間が長いからくらっちが少し低めのキーで歌っても喋っても問題ないし文楽シーンは目にも耳にも最高だった…

閻魔大王に呼ばれてからのシーン、蛇より怖い愛里ちゃん、女を何人も殺してるに納得しかない琴ちゃん、存在自体が罪なカイちゃんすごい…こんな見事な当て書きができる谷先生はなぜ落語とオペラじゃなかったら皆殺しにしてしまうのか…(頭抱え)

閻魔大王のお裁きのシーン、単純に人数多くて目が足りない…なんで阿修羅いんの…阿修羅にしか目がいかない…如月蓮くんもまさか阿修羅着せられる日が来ると思わなかったでしょ…

・汝鳥さんの閻魔大王流石の安定感だけど顔がわからなさすぎる…(笑)メイクがすごい。

・天女めっっっっちゃ歌うめえ…と思ったら白妙なつちゃんでした納得…もっとパンフしっかり見てから見ればよかった…

・瀬央っちの赤鬼すごいリンボーダンスレベルで身体が反ってて体幹が…体幹がすごい…瀬央っちすごい…。ぶち生かす…(使いたいフレーズ)

・脱衣婆のシーンはヅカヲタに優しいというか、全体的に宝塚ネタに溢れてて元ネタ知ってると倍楽しめるみたいなとこある…まさか脱衣婆が生きてた時はあの人だなんて…

・天下分け目の有橋渡のシーン、東にいーちゃん(音咲いつき)、西に華鳥礼良ちゃんが歌うの聞けるなかなか豪華なシーンだ…というか星下級生歌上手い子多いな…いいなすごい…

・桃太郎の極美慎くんあまりに可愛いでしょ…逃げながら無理無理言っててすごい可愛い…

・歌ってる赤鬼歌上手いでしょ…と思ったら遥斗勇帆くんと夕陽真輝くんだった顔が誰だか分かんないけど歌はうまい…そうかアレが歌が上手いと噂の遥斗くん…

・来年の話したあたりのくだり好き

・ラスト前の若干の雑さとメタさと母親の強さが凄いところとラストの大団円なんかもう全部許せるいいもの見た〜みたいになるの、喜劇の強みだなって思う…しかし閻魔大王アレどうするんだろうあの後…後日談見たい(笑)徳三郎さんあの後閻魔職就いてても違和感ないな…


「Killer Rouge」

・冒頭のみんなのお衣装の背骨の部分がドラゴンの鱗みたいな…全体的にドラゴンみあるのがすごい冒頭からサイトーだな…みたいな…好き…

・Wonder Rougeはなんでみつるさんセンターであのメンバーで歌わせたんだろう…いや私には完全にご褒美な時間だったんですけどみつるさんのことも大好きだし…。漣レイラくんがキレッキレの動きしてて笑う。好き。

・で、出たーー!!赤頭巾CHANGコレかぁーーー!!!あいりちゃん似合うな可愛い!!

・星の精の中ですごい動き綺麗な子いたんだけど多分水乃ゆりちゃん…?

・オオカミの琴ちゃん好きしかない…

・マッチ売りの少女のくらっちの演歌?歌謡曲?調、分かりすぎでしょ…あの音源が欲しすぎてCD買うと決めた。

・ピーターパンのポコちゃんがCityGirl小桜ほのかちゃんといちゃついてるの見てニヤニヤしてしまった…あの一角に可愛いが詰まってたな…。もっと周りを見たかったけど見られなかったな…残念だった…

・Killer Rouge vs Mask of Rougeのシーン、奥さん役の紫月音寧ちゃんが強い奥さんで素敵。あと娘のうち1人がシシィが綱渡りの時に着てた黄色いワンピ(だよな?)着ててそればっか見てしまった…すごい見覚えがあるやつだあれ…と思って…

・カイちゃん女装の必要あったかな…(笑)

・クラブシンガーの華鳥礼良ちゃんの声がやっぱ好き。ハリのある声してて素敵。

・Post Rouge…せおっちが娘役引き連れて銀橋渡ってる…だと…。やっぱり小桜ほのかちゃん可愛い。好き。

・Rouge Royalはなんかパンフ見ても第7場がA〜Iまであって全部思い出せないんだけど、とにかく琴ちゃんがすげえ歌うまかったなっていう…7場Bの時に音波みのりちゃんとくらっちと銀橋で絡むんだけどそこが大変色っぽカッコよくてアワワってなってた。

・あと7場C〜Fのあいりちゃんのピンクのドレスがめっちゃくちゃ可愛くて、あれを着こなせるのもなかなかだなって思った。似合わない人は絶対似合わないもんなあの色味といいデザインといい。それで歌うのが薔薇は美しく散るだもんな…

・7場Gだったかな…後ろの方ですごいいい顔で歌い踊ってる男役がいて。朱紫令真くんだったんですけど、一度捕獲してしまうともう見ちゃうよね。その後どこに出てても。どこに出ててもすごいいい顔してましたね。

・7場の後半トップさん直々にキラールージュ振り付けレクチャーのシーンあってまさかショーの最中に「こうやるんですよー!」ってくると思わなかったからびっくりした…予習してなくてすみませんという気持ち…

・Tango Rougeはこれもう「とりあえず礼真琴にマタドール系の衣装着せとけばいいでしょ」みたいなの透けて見える…いま宝塚においてとにかくマタドール系着せられがち礼真琴と彩風咲奈安定すぎるしサイトー先生そういうとこだぞって思いましたほんとに…ここでも音波みのりちゃんと組んでがっつり踊ってて。ショーの方は踊ってる時間の方が長いなと思ったんだけどどのジャンル踊らせてもバシッと踊るから琴ちゃんすごいなぁ。

・Pegase Rouge、ポコちゃん銀橋ソロ有難いなぁ…よくある退団者選別シーンなんだけどこういうの本当に宝塚の美しさを煮詰めたみたいなシーンだよね…。選曲がまた、NHKみんなのうたで流れててすごく好きだった「夢の途中で」なんだよねズルいわ…!スミレの園を去る人に歌わせる選曲って先生の色が出ると思うけど、サイトー先生はポコちゃんにこれを選んだと思うと涙出るよ…。

・流星男Aの琴ちゃんがオレンジのお衣装なんですけど、周り寒色も多い中暖色なのでとにかくやたら目を惹くし、決して大柄ではない琴ちゃんが誰より全身を大きく使って踊るもんだからもう踊ってても目が離せないとかいう事態に陥っていて、こんなに礼真琴1人を見に来たつもりはなかったのになぁみたいな気持ちになったりした。腕を回して引くみたいな振りの素早さがマジですごい。筋肉すごそう。あんなに細いのに(なんだその感想)

・SAKURA ROUGEのロケット、夏に見るにはあまりに春過ぎるなとは思ったけどあのピンクのお衣装可愛くて私は好き。春に見たかったけど。そしてやはり目を惹く奏碧タケルくん…顔…

・Last Wonder、大階段で西城秀樹を歌う礼真琴とかいう大正義サイトー先生ありがとう琴ちゃんめちゃくちゃかっこよかった私が命をあげたいし悪魔に心渡しても悔やまない…。いやちょっと本当に意味がわからない…同行した友人と「意味わかんないよね…」と終演後思わず言ってしまったレベルの意味のわからなさ。ラスボスの風格がありすぎる。

・ルージュヒーロー朝水りょうくんがパネェ髪型してて三度見くらいしてしまったので本当にパネェ…ってなった…なんだあの髪型どうなってるんだ…

・麻央侑希くんの赤髪すっごい目立つあとスタイルがいいすごく良いショーかつああいうスーツスタイルだと尋常じゃなさが際立つ。

・紅のマスカレード、ミッチーファンの友達に是非見ていただきたいと思った…あれはすごい。すごいかっこいい…群舞という意味では揃ってないけどそれでもみんなすっごいかっこいいから宝塚最高と思うし私はチョロい。

・腕を横に動かすみたいな振りの琴ちゃんのキレがすごくてなんだろう…どういうレッスンしてたら庵な迅速に動けるんだろう…あとリズムに乗ってる時の足がテンポ掴むように動いてるのがいつ見ても好き過ぎる…

・まさか大階段でみつるさんが歌うと思わなくてちょっとびっくりした…すごいね…?すごい大サービス?だね…

・デュエダンのラブラブっぷりが見てて幸せな気持ちになれる…紅さんほんと愛里ちゃんのこと好きなんだね…!

いーちゃんのエトワールは初だよね、おめでとうございます!

・せおっちとくらっちが一緒に降りてきてまた嬉しくなってしまう…(笑)

・フィナーレもなんか全体的にアニメっぽいっていうか主題歌がそもそもアニメっぽいからそりゃアニメっぽいよな…。そしてフィナーレでも「ご一緒に」キラッキララキラキラ☆キラールージュ☆させられるのすごい…どうあっても客席を巻き込もうという強い意志を感じる…私は好きです。


星組さん勉強不足だったせいもあってそんなにテンション高くなく見に行ったんですけど今回アナワもキラルもすごく楽しかったのでもう1回くらい見たかったな…。もうすこし下級生勉強していきたい…(出戻りだからついていけてない)

宝塚歌劇団月組公演「雨に唄えば」@赤坂ACTシアター(2回目)

f:id:citrus84:20180706223848j:plain

2018年7月1日15時半公演

この間撮った写真を上げるのを忘れてたので上げておこうと思います。

1週間ぶり2回目。2回しか見られなかったのもっと見たかったなぁ。


1回目で気付かなかったことなんかをちらほら覚書。

チャイニーズシアター前のファンの女の花時舞香ちゃんが持ってるパンフが「宮廷の反逆児」のものではなさそうだったんだけど、それを持って必死にアピールしまくる花時ちゃんがあまりに可愛すぎて最高かなって思った。あとそのパンフのデザインがなんとなく東京のひかりふる路のパンフに似てるなって思った。芝居が派手。花時ちゃん芝居がすごく派手。

・宮廷の反逆児のリナぽん、すごい膝折ってるなってのがありありとわかって好き。それでも珠城さんと頭の高さ一緒だけど。

・蒼真せれんくんの映画の時のもみあげの書き方が初演の大真みらんくんにすごい似ててなんかニヤニヤする。せれんくんイケメンだね。

・街の女でも花時ちゃんの「はぁん❤︎」みたいな芝居がとにかくうるさい(いい意味で)

・あとあまの輝耶ちゃん、キャッキャしてて可愛い。丸顔で白目が大きいしあとやっぱ背が高いよね?かぐやちゃん大きい。

・キャシーに不審者扱いされたドンを見た警官、はけてく時にカッコいい言いながらスキップというか軽快な足取りでああいうの好き(笑)

・シンプソン邸でショーガールたちがお菓子(チョコかな?)配るんだけど、監督さんとかウィリー・ピーター・ダン辺りがウキウキしてんの可愛いがすぎるし、御機嫌斜めになってるリナぽんにお菓子あげようとしてたりして可愛いね…。

パイ投げつけられたリナぽんの、クリームかぶった後のクリームに目のところの隙間が空いてるのが地味にツボ。いやあれがないと見えないのはわかってるんだけどなんかああいうクリーチャーみがある。C級映画的デザイン(褒めてる)

・カウボーイのせれんくんの渾身のドヤ顔、ご覧になりまして?「俺がセンター!」感最高がすぎるやりすぎ面白い。

・「闘う騎士」の撮影現場のリナぽんが1回目より更に超可愛くなっててもうなんか未だ嘗てこんなにリナ可愛いと思ったことないわ…えくぼも下膨れのぷーっ!って顔もあまりに可愛げの塊。どうしてああなった。

・ドンリナの「全身の骨をへし折ってやりたいよ〜」「やれるものならやってみて♡」みたいなやりとりの時にすかさずかがみ姿勢で踏み台を持っていくウィリー朝霧くん、無事踏み台使用シーンが終わって忍びのようにサササーーッと踏み台抱え込んだまま下手ピアノ側に戻った時にダンの礼華はるくん(しゃがんでる)にそーっと出迎えられてて、カット!の声がかかった時に2人して立ち上がってイェーイ!みたいにハイタッチ→両手で親指グッ!を息ピッタリでやってて可愛かったあれ毎回やってたのかな…可愛い。

・ピアノ前辺りにいた侍女の花時ちゃんがウッキウキみたいなリアクションしててなんだあれは可愛いぞ。

・お衣装係の姫咲美礼ちゃんがリナぽんの頭支えたりする時オーバーリアクションだし顔が可愛い。

・ハリウッド情報の場面、後ろにタブロイド紙とかの画像がスクリーンに映るじゃないですか。その中の1枚にマルクス兄弟の名前があって時代考証割とガチでしっかりしてるなって感心してしまった…ああいう背景の映像も特典で全部入れてほしいよね…。マルクス兄弟ちょうどヒットし始めた時代だったよね…。

・ビューティフルガールの時の空城ゆうくんがあまりにイケメンだったし、彼肩幅すごくないですか?補正が上手いんですか?あと礼華くんもそうなんだけど身のこなしがきれい、100期生だと!?(;´д`)

・スタジオでドンがキャシーに告白するシーン、キャシーがリフトされた時のスカートの広がり方が綺麗で良い。

・ボーカルレッスンのリナぽん、「できにゃい」の言い方がドス効いた感じというか男声混ぜてきてる感じ?になってて余計おかしかったwなにその進化(退化?)www

・つばさくんの先生、よりによって収録日に噛むの巻だったんだけど、ドンコズの先生いじりの仕方が「今ちょっと怪しかったですよね???」「かみ…ましたよね???」って敬語なのに威圧感あっておかしかった。あとモーゼス歌ってる時椅子に座らされた先生がアドリブタイムまですごい神妙な顔してたんだけどアドリブタイム終わった途端に笑顔になってあのシーン怖いんだろうなって単純に思った(笑)

・トーキー版「闘う騎士」のサウンドスタジオでリナがマイクの場所を覚えられないシーン、マイクの方向くと声が大きくなって逆方向向くと小さくなるみたいなやつ、あれ舞台上で声の大きさ調整してあの声で喋ってると思うとリナほんとに難役だし、違和感なく魅せてんの輝月ゆうまのポテンシャルェ…みたいになるな(なった)

・れんこんくん監督が「このコードを通ってあの箱に音が行って〜〜」みたいな説明をリナにしてるときに録音ボックスみたいなのを、指差してぴょんぴょんしたりしてる朝霧くんたちが可愛い。

・闘う騎士試写会の時に、客の男とか客の女の皆さんがリナが喋り始めた途端「あ"ぁ!?」みたいな顔してるの面白いがすぎるし、あのパールネックレスジャラジャラでめちゃくちゃ耳塞いだりしててw

下手側客席にいるあまの輝耶ちゃんがジャラジャラの度に「もうー!」みたいな顔で耳塞いでるの可愛かったし、その隣の客の女の子(誰だか把握できなかった…!)が本当に不快そうなすごい顔してたの目撃してしまってw

・映画終わって出て来た時に「あんなドン&リナなんて2度と見たくないわ!」って言ってたのがあまの輝耶ちゃんだって今回気付いた(滑舌いいですね)

・劇場外の下手側の壁に「つばさ」と「チャップリンのサーカス」のポスターがあるのは前回気付いたんだけど、上手側の壁(というかガラスドアなのかな、ポスターが反転してたので)にジャズシンガーのポスターもしっかり貼ってあったのに今回気付いて、あと2枚貼ってあったんだけど残りの2枚はちょっとなんの作品かポスターが反転だったのでわからなかった…1枚は「ウィリアム・シェイクスピア」の文字はわかったんだけど20年代後半のシェイクスピア映画に覚えがなくてローレンスオリヴィエとかはもっとあとだしな…などと考えていたらもう一枚を見る余裕がなかった。誰かあの年代の映画に明るい人がいたら教えてほしい…円盤に映るだろうか…(映らない)1910年代後半〜20年代前半のサイレントシェイクスピア映画は調べたら出てきたんだけどな…ジャズシンガーがヒットしてる時代にそんな(多分ポスター的にシェイクスピア悲劇の方の作品)ロングランするかな…

・ていうかあれか、キャシーが最初のドンと出会ったベンチのシーンでシェイクスピアの名前出したからあそこにシェイクスピア映画のポスターこれ見よがしに貼ったのか!?(今思い至った)(遅い)(ちょうどリナが立っている真後ろ辺りがシェイクスピア映画のポスターだった)(当てつけかな!?)

・ドン宅のシーンでキャシーが「リナの声がずれたところが一番面白かった」と思い出して笑いだすシーン、1回目見た時より2回目の方が笑い方がケタケタした感じ(いい意味で)になってて、もっと振り切って笑ってくれても良いのになって思ったりした。観客が見てて面白いシーンだからキャシーがもっとウケててもいいよねえ。

・キャシーを家に送り届けるシーン、下手から相合傘で出てきた時点からドンが持ってる傘の骨が一本あからさまに出てて、これ雨のシーンもつのかなって思いながら見てたけどもちませんでしたね!!!初演ドンと違って傘の扱いが丁寧な珠城さんが傘を壊す現場に立ち会えてなかなか幸せです。絶対傘壊すタイプじゃないもんな…(笑)

・リナぽんの「どうぞ〜どうぞ〜〜」が1回目より格段に下手になってて最高だった。リナが下手じゃないとキャシーが引き立たないので、本当にリナが輝月ゆうまで良かったと思った。元々歌える人が下手くそに歌うのもなかなか難しいよね…。

・録音技師くんが結局誰なのか2回では分からなかったので知ってる人いたら教えてほしい…リナが乗り込んできた時のリアクションとかすごく良かった…代役でもみんなクオリティが高いね月組さんはさすがだなぁ。

・楽屋のリナぽん割とちゃんと喋れてて下手くそに喋るのも大変なんだなって思った…(笑)気を抜くと普通に喋っちゃうよね…

・ドンの家にはドンリナの写真がほとんどない(1枚だけだったかな…)のに、リナの楽屋前は自分とドンリナの写真だらけでリナはこんなにドンのことが好きなんだなって思っちゃってダメ。今まで全然思わなかったのに今回本当にリナがいとしすぎる。

・ブロードウェイメロディで、人気者に登りつめながら愛した人は手に入らず、失意に打ちひしがれそうになるスターが、通りすがりのスターを目指す若者を見て輝きを取り戻すシーンが私は初演からとても好きなんですよね…スターを主演さん、通りすがりの若者を二番手さんがやってるのもなんかこう好き。そういう夢のある内容を考えつくコズモはやはり良心だと思う。ただ若干わかりづらいので所長にももう一回説明してとか言われちゃうけどw

・リナぽんが「私は人間じゃないわ、映画界のてんそらに、一際美しく光り輝く星!」みたいに新聞取り上げていうシーンの所長の顔好き。

・完成された「踊る騎士」を見てる観客の花時舞香ちゃんが映画見ながらマジ1人だけ感動のあまり号泣してて、隣のお客さんに「あっうるさくてごめんなさい、泣くの控えますね」みたいなリアクションしてるとこまで含めて演技がうるさくてほんと好き。あそこ花時ちゃんからマジで目が離せないレベルだった…ドンリナが美しい旋律に乗せて結ばれるシーンであんな泣くんだもんな…。

・からの、リナが話し始めた瞬間の「!?」って顔も最高だった涙も引っ込むよ!!みたいな顔してるのとてもいい、観客の花時ちゃん最高。因みにその後リナが口パクで歌い始めた時にも泣いててめっちゃリナのファンでしょ…憧れの人が声出すだけで泣くレベルのファンなんだよ…。

・ここあまの輝耶ちゃんもなかなかかわいいリアクションしてるんだけど花時ちゃんに全部持っていかれてた。エリザで彼女たちのお芝居観るの楽しみだな。

・リナがどうしたらいいのかしら!?そうだ風邪ひいたことに!!みたいなセリフ喋ってる時男声(低音)が混ざるのがなんかそこはかとなく色っぽいなと思ってしまったあんな声なのに…

・ドンに代理シンガーをやるんだ、って言われた時のキャシーの泣きそうな顔が切なくて、なんかこの後の幸せが約束されてると頭でわかってても辛い気持ち。

・男役群舞やっぱり礼華はる君が目を惹く、あと空城ゆう君も綺麗に踊るね。肩幅…(そこ)


2回見られただけ幸せだったけど、思っていた以上にみんながやりすぎるせいで目が足りなかった。休演者3人もいて目が足りないんだから全員揃ってたら発狂ものだったかもしれない見きれなくて…今回休んでた皆さんも早く戻って来られますように。

雨に唄えば楽しかった!次の月組さんエリザもすごく楽しみにしてます…!

ラスパも見たかったな…。

宝塚歌劇団月組公演「雨に唄えば」@赤坂ACTシアター

2018/06/24 11時公演

雨に唄えば」は宝塚初演の星組日生劇場公演にそこそこ通った以来の観劇。私は当時安蘭けいさんと佑穂さとるさんが好きだったので、あの星組の「雨唄」が大好きでした。(すごい余談かつどうでもいい話なんですけど、佑穂くんの発声の先生が好きすぎて、雨唄以降彼が退団するまでずっと「先生」って呼ばせていただいてました)

宙組再演は見てません。今思うとなんで見に行かなかったんだろう。

元々アメリカのミュージカル映画は大好きで、オリジナル映画の雨に唄えばも大好きです。

久々の雨唄、今の月組で好きな輝月ゆうまさんがリナをやると決まった時から絶対何度か見たいって思った←

以下感想。


◼️1幕

・冒頭の映画プレミアをするチャイニーズシアター前のシーンで警察官が足りてなくてファンの女役の子がガード用の縄持ってるのが気になってしまった…ファンなのにお行儀がとてもいい…(笑)休演者が増えたから、多分そういう事情で本当は4人いた警察官が1人減ったんだろうね…カツカツの人数でいくつもグループ分割して公演回すの、生徒の負担が大きいから3分割は今回やりすぎだったんじゃないかなって冒頭でちょっと思ってしまった。

・オルガ役の玲実くれあちゃんの黒ドレスのスリットから伸びる脚がめっっっっっっちゃ綺麗でいい。

・初演でゼルダやってたまゆみ姐さん(五峰亜季)がベイリーやってんの時の流れを半端なく感じる…もう踊りまくるまゆみ姐さんはみられないんだろうか。

・れんこんくん(蓮つかさ)のデクスター監督あまりに可愛すぎでは

・美弥ちゃんがエロくないという話は聞いていたけど出てきた瞬間本当にエロくなくてちょっと困惑したりなど

・リナがデカい。思ってた以上に大きかった…でも可愛い。地黒だからあの色の肌塗るの結構大変そうだなって思ったけど前の公演でもっとヤバイ色塗ってたから肌色なだけ大変さはマシかなって。

・珠城りょう、あまりにも男の背中では…出てきた瞬間からあまりに完璧な男の背中…

・少年時代のコズモ役のまのあ澪ちゃん小さくて可愛い…下級生なので体が軽くてタップシューズの音も綺麗に鳴ってたね〜。

・「宮廷の反逆児」の映像のリナまゆぽんが普通に可愛くて、このガタイでこの可愛さは好きになっちゃうやつだな…って思いながら見ていたし、その後初めて喋るシーンで客席がザワザワッてなったところでなぜか私も嬉しくなった。

・パーティ会場に向かおうっていうコズモに「歩いて行く」っていうドンがコズモに自分のコートを着せるシーン。ドンの「これで君がドンに見える」みたいな場面を見た私「あまりにガタイが違いすぎて身代わりには無理があるのでは?出た瞬間バレるのでは?」

・ハリウッド大通りの街の男、街の女の皆さんが小道具なんかも使いつつ割と好き勝手にお芝居してるのを見て「月組見てるな」と思うなど。ドン・ロックウッドよー!でドンに走りよったあたりなんてみんな口々にカッコいい〜とか言ってて面白い。

・キャシーに抱きつくドン、事案すぎる。

・キャシーに助けを求められた通りすがりの警察官がドンに気付いて会話をしたあと去っていくところ、「かっこいい〜〜〜!」って噛みしめるように言ってたのが可愛すぎた。あの当時(20s)銀幕のスターがどれだけ特別な存在だったかよね。

・今までは全然気にしてなかったけどキャシーがドンの映画を1本しか見たことがなくて〜とかお芝居じゃなくてパントマイムをしてるだけ、のシーンでこのキャシー鼻に付く女だなと思ってしまった…。何だろう台詞回しの小馬鹿にしてる感かな…。

・珠城りょうドンの「君、僕」の歌い方で「君が俺(BADDY)」を思い出してしまった。

・キャシーと別れてシンプソン亭(パーティ会場)に行った後のドンがコズモに憔悴して話しかけるシーン好き。そして遠近法が効果をなさないリナの大きさ。

・トーキーの紹介映像の朝陽つばさくん、代役とは思えない明瞭さで好きになっちゃうやつだこれ〜ってなるなどした。やすくんの休演は本当に残念だったけど、こうして出来る子にスポットが当たることは嬉しい。

・トーキーなんてくだらん、って言ってるみんなに対して「でも馬のいらない馬車が出た時もみんなそう言ってたんだ」って言えるコズモは本当に優秀な人間だと思う。頭が良い人がいる話って安心感ある。

・ケーキからキャシーが出てきた瞬間のドンのパァッとした顔とキャシーのうわって感じの対比好き。あそこお菓子配ってるんだけどあんまりちゃんと見られなかったので2回目はもう少しちゃんと全体を見たい。

ショーガールのあまの輝耶ちゃんあまりに可愛い(彼女大きいよね?)

・朝霧真くんがとにかく目立つ…

・撮影所、カウガールのみなさん可愛いがすぎる。ショーガールだのカウガールだの出てくるたびにお衣装がコロコロ変わって大変そうだけど可愛い。

・ドンが次の作品について語る時、コズモがちょっとさわりを聞いただけで「こんな話だろ?」って言えるところコズモ!!って感じで好き。コズモは良心。

・美弥ちゃんのめーくあらふ、あの空間を埋めるの大変だろうにと思いつつとても好き。単純に美弥るりかにピンスポが当たっているという事実にテンションが上がる、あのナンバーもコミカルで好き。上から白い人型のやつが降ってきてぶってぶたれてみたいなフリのところが初演も大好きだったんだけど今回もとても良かった!あの肩のやつはどういう仕組みなんでしょうね…。

・「闘う騎士」の撮影現場、リナがキャシーを追い出したってドンが聞いてからの撮影風景のサイレント映画感が最高だなっていつ見ても思うんですよね…。喋ってる言葉はドンはリナをめっちゃ罵っててリナも応戦してても、画面に映るのは銀幕の恋人の2人でしかないってところが。

・ただでさえデカいリナがさらにデカいかつらをつけて輪っかのドレスを着ている絵面があまりにずるくないですか。そこはもう完全に絵面の強さの勝ちだなって思うしまゆぽんがうますぎる。

・るうさん所長が「ジャズシンガー」のヒットを受けて「闘う騎士をトーキーで撮るんだ!」っていうとこ、れんこんくん監督の「えぇー…」感すごくいい。好き。

・6週間で未知の技術使って全国公開する映画を撮れって言われる監督の心情、察してあまりあるしモニュメンタル社もしかしなくても割とブラックでは?

・ビューティフルガール、実質岡田ショー(違う)

・キャシーがビューティフルガールから抜擢されてゼルダの妹役に…って言われた時のゼルダの叶羽時ちゃんが「えっ!?冗談でしょ?」みたいな反応してはけてくのその後の流れに繋がっててとても好き。ゼルダもキャシーを疎ましく思うのがここではっきりわかるので。

・ドンとキャシーが再会していい雰囲気になったところで空気読んで帰るコズモあまりに人間が出来すぎている。タクシー!が好き。

・リナのヴォーカルレッスンの「だかぁ、あたしゎ、きゃれを、がぁん、できにゃい!」が可愛いが過ぎる。絵に描いたような無能のブロンド美女だけどいかんせん顔がいいというサイレント最大の武器を持ちすぎてる説得力ありすぎる。彼女は綺麗!!

・ドンの発声練習、初演と変わらず楽しいシーンで好き。余談。初演の時はドンが歌に入る前段階で日替わりで先生に無茶振り早口言葉を振ったりしてたアドリブコーナー、再演は歌の途中に先生の一発芸的なシーンになっててなるほどー!好きー!!みたいな感じ。手品やったりしてる日もあるみたいでタカラジェンヌはみんな本当に本編以外の芸も磨いて発揮するのすごいね…!!

・モーゼスのタップ、ちゃんと鳴るようにマイクが入ってるとどこかで見たけどあのタップステップ細かくてすごく大変だと思う。限られた稽古期間でよくぞほぼ普段やってないであろうタップをこなしてるわなどと思ってオペラでガン見してしまった。

・ドンコズっていうかたまみやの「エーーーーーーー♪」ハモり可愛いのであの場面のスチールが欲しいです。

・すごくどうでもいいんだけど、レッスンの時に3人いる生徒さんはモニュメンタルと契約している俳優さんなんだろうね?やっぱり。大スターのドンやリナと一緒に練習してる彼らの中に未来の大スターがいるのかもしれないよね…。

・「闘う騎士」のサウンドスタジオ、みんながあれやこれやでリナちゃんを持ち上げまくってる図が最高に好き。そしてカメラが上手側なのにマイクを下手側花壇に設置して「カメラを見つめながらマイクに入るように喋れ」っていう監督いくらトーキー撮影に慣れてないとはいえ鬼畜が過ぎると思うリナちゃんじゃなくても割と無理難題では?

・リナの「ばっかみた〜〜い!」聞くとなんか元気でる。それを受けて「そうだね〜〜バカみたいだね〜〜」してる監督もかわいい。

・「闘う騎士」の披露試写会、観客の皆様の反応が楽しくてガン見してしまう…次は誰がどんな反応をしていたかちゃんと見たいポイント。

・映画が終わってお客さんが出てくるところのセット、初演ではなかった「チャップリンのサーカス」と「つばさ」のポスターが!下手側の壁に!!見つけた瞬間テンションが上がってしまった…。またどうでもいい話するんですけど、ジャズシンガーが公開されたのが1927年10月。つばさが公開されたのも1927年10月、チャップリンのサーカスは1928年1月。まさに時代がサイレントからトーキーに移り変わる時のこの名作のポスターをセットに持ってくるのあまりに最高。中村先生ありがとう。つばさは第1回アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品。「闘う騎士」はサイレントなら観客が期待したいつもの「最高のドン&リナ」を見せられたかも知れないけど、トーキーという選択をした故に「あんな最低なドン&リナ二度と見たくない」とまで観客に言わせてしまうのあの時代の映画事情を考えるとアアアアア!!!!!!!!!みたいになる映画好き。

・ドンの家の場面、「闘う騎士」をどうにかすることを考える3人のすごくいいシーンだと思うと同時に、あんな素敵な殿方2人と夜中に女1人で一緒に家にまで行ってキャシーは平気なんだろうかと少し思ってしまう最近アメリカ映画界大物プロデューサーとか俳優のハラスメントな話題多かったから…女1人は危ないよキャシー…(ドンもコズモも善人なのでそういうことは問題ないです)(ドンとキャシーはちゃんと恋人だものね…)

・でも吹き替えのアイデアを思いついたのはコズモなのにドンに対して「貴方って天才」とか言っちゃうキャシーは浮かれポンチすぎると思う。そりゃコズモも拗ねる。怒らないのがすごい。

・グットモーニング!の歌の時に美弥ちゃんがコートを放り投げるところ、肩の動きが色っぽくて「色気しまいきれてない美弥るりか」をコズモで見れてちょっとそわそわした。

・ドンがキャシーを送って行って、玄関先で傘で隠してキャシーにキスするシーン、ロマンチックが過ぎて最高だなって思う。

・そのあと後ろのスクリーンが上がったら噂以上の滝行雨が降っていて思わず笑ってしまった…上手側の降雨量はまだそこまでではないものの真ん中付近の雨樋を挟んで下手半分の豪雨はなんなんだろうあれは…(笑)1番の見せ場とはいえ降らせすぎでは!?撥水のはずのスーツめちゃくちゃ色変わってるじゃん…!!マイクは壊れるようですが、滑らないように怪我しないように濡れて風邪ひかないようになどと余計な心配をしてしまう。

・この場面警官も傘もささず雨の中立ち尽くしスタイルなので彼のことも割と心配です。でも見た感じ警官服の方が防水素材っぽく見えた。


◼️2幕

・冒頭の傘を差したダンスのシーンのキャシーのお衣装がレトロ可愛くて好き。

・録音スタジオのところでリナが調子っぱずれな歌を歌ってるところ、普段のまゆぽんの歌が上手いことを知っているせいですごく背中がムズムズする仕上がりになっていて最高。♪どうぞ〜〜⤵︎どうぞ〜〜〜〜⤴︎みたいなとことか本人も歌っててムズムズしてそうだなって…。

・からのキャシー吹き替え、綺麗に伸びる歌声綺麗だね〜〜〜〜!!

・ここのコズモの、指揮してる姿とか音響技師の人と話してるのとか好き。

・ドンがキャシーに台詞を復唱させるシーンの優しい顔が好き。というか珠城りょうのああいう感じが心底ずるいなぁと思うあまりに素敵じゃないですか。

・リナとゼルダの「ともだち〜〜〜〜♡」で脳が溶けそう可愛い。

・リナの「なぜダメ?」のナンバー、あの声で下手っぽく歌ってるけど地の歌の上手さが滲み出ててなんか味わい深いなって…♪感じて〜このースタァーイル♪の辺りなんて普通に歌ってんの聞きたいなって素で思ったわ…

・リナに吹き替えの件がバレて慌てる所長に「あなたは!この撮影所の所長なんですよ!」って言い聞かせるコズモ、謎の説得力。声の表現力だなあと思った。

・コズモの踊る騎士の構想にいちいち突っ込むも所長たちの「良い!!」に流される監督のテンポが大変好き。あのシーンテンポがとても大事だと思うからポンポーン!と「なんで!?」からの「いいー!」(後から)が出来るのは若いのにすごいなって思うれんこんくん。専科さんがされてた役だもんな初演な…。

・ブロードウェイメロディはとにかく見てて楽しいんだけど、朝霧真くんと礼華はるくんはほんと目立つ顔してるなって思いながら見てた。礼華はるくんは特に身体の動きがとても綺麗でいい。今回で覚えた!

・「踊る騎士」のプレミアの裏でリナがあちこちに手を回したという場面、リナの口から甲乙の話が出てくるのいつ見てもちょっとニヤニヤする…甲乙て…

・「踊る騎士」を見てる観客の中でひときわ目を惹くお芝居をしていた花時舞香ちゃん!!とても良かった!!若干やりすぎかもしれないけどそういう子が私は好きです。

・リナが喋り出した時の観客のみんなの「!?」って感じもそれぞれで見てて楽しかったな…。月組って感じで。

・リナが歌ってる時に緞帳を上げる前、緞帳のロープの周りをウキウキ感MAXでステップ踏みながら回るドンコズ可愛いがすぎる。あの緞帳ドン1人でも全然あげられそうだなとも思うんだけども。

・マイクで歌うのがキャシーからコズモに変わった時のリナの一瞬の表情、好き。



◾️フィナーレ

・美弥ちゃんはあの広い空間を1人で埋めててすごいと思う。

・ビューティフルガール、やっぱりあまの輝耶ちゃんがすごい可愛くて、あと誰だかわからないけどショートの金髪の子もすごく可愛くて、娘役たくさんのシーンは楽しい。

・テンプテーションの男役群舞の中にすごい色白くて唇ピンクのまゆぽんが混ざってるの分かっててもだいぶニヤニヤ出来るしそのあとセンターでいつも通りの美声+リナ声で歌うの見るとテンション上がるどころの騒ぎではない。

・本編では踊らなかったるうさんが群舞めっっちゃくちゃかっこよくてこの瞬間が最高、みたいになる。

・礼華はるくん、燕尾のテールが余計な動きを見せないのと決めの時の角度があまりに綺麗で群舞でも目立っていたのでつい見ちゃう。

・珠城りょうがデュエットダンスすると「今日は何回転するかな…」ってつい考えてしまうけど本当に綺麗にぶん回すからいつもすごいなって思う。

・パレードでもまのあ澪ちゃんめちゃくちゃ小柄で可愛いし、あまの輝耶ちゃんも目力つよくて可愛いし、さっきまで男役群舞に混ざってた輝月ゆうまがリナで出てくるのもヒュー!って感じだし、ドンコズキャシーは仲良さそうで可愛いのでどこを見ても可愛いという幸せがそこにはあった。


・あともう一回見られるので一回目で見逃したり細かく見られなかったところは次回(最後だけど)もう少しちゃんと見たいなぁと…。

ミュージカル「モーツァルト!」を見てきた話。

f:id:citrus84:20180610003438j:plainf:id:citrus84:20180610003456j:plain

モーツァルト!」@帝国劇場

6/9 マチネ

古川ヴォルフ、平野コンス、香寿男爵夫人、大河原アマデ


2007年の中川ヴォルフラスト公演以来11年ぶりの「M!」でした。11年て。

雑感…の前に、個人的になんですけど「モーツァルト!」という作品が本当に大好きで。

元々シンガーソングライターの中川晃教のファンで、その中川くんがミュージカルに出ると。それでチケット取ったんですよね2002年。日生劇場。その時のコンスタンツェは松たか子でした。いまだに覚えている…。

1〜2年前にアウト×デラックスか何かに井上さんが出た時に、「ようやく掴んだ初主演作でまさかのぽっと出の新人に話題を持っていかれてすごく悔しかった」みたいな事を(ニュアンス)話していたのもこの「モーツァルト!」という作品でした。

あの時はミュージカル界のプリンス井上芳雄が満を持して主演をするっていうんで大層話題になっていたのに、蓋を開けたら中川くんが凄いって話になったのもいまだに覚えてるんですけど、W主演のヴォルフガングの2人とも私は大好きで、2005年の再演の時はトータルで7回観に行ったし、2007年の再演の時もトータルで5回観に行ったんですよね…。案外少ないか(;´д`)

いまだに忘れられないのが2005年の中川ヴォルフ×川綱アマデの時の公演で、千秋楽直前だったんですけどあの時の中川ヴォルフの憑依っぷりと川綱アマデの言葉を発さないのに目力がすごくて、それが脳裏に焼き付いているし、2005年の井上ヴォルフ×黒沢ともよアマデもすっごい相性良くて大好きでした。

中川ヴォルフが卒業してからは引越しだのなんだのでなんやかんや観に行けず、前回の井上ヴォルフラスト公演も観に行けず(;´д`)円盤出ただけ感謝だけれど。

今回11年ぶりのM!で本当に本当に楽しみだったんですよね。


そんなこんなで以下雑感。

・ピアノのセットすっげえ…(劇場内に入ってまず第一の感想)

・市村さんは流石に初演〜再再演の時に比べたら多少の衰えは見えるものの安定感は凄い。

・ナンネール和音さん。すごい久々に見た聴いた…相変わらずいい声。初演からの民なので随分と若いお姉さんだな!という感じ

・古川ヴォルフ。いい声はしてると思ったんだけど、声質なのかな?前に声が飛びづらいというか、そういう声に聞こえた。歌は若干微妙かなと…低音の響きは好き。高音域は苦手なのかな?

すごく丁寧に演っているけど、ヴォルフのエキセントリックさには正直欠けるかなという印象。でもこれが初主演だしきっと千秋楽までにもっと進化していくんだよねえ。千秋楽にどうなるかはちょっと見てみたいな。現時点ではちょっと苦手かなという…感じでした…(私の中のヴォルフとの解釈違い。ウェットな感じがしたのでエリザのルドルフ見てみたくなった)

しかしスタイルがいい。動いた時の華はある。「並の男じゃない」なんてもう華やか!って感じだった。

・平野コンスタンツェ。平野綾って声低いんだなあ(声優の声しか聞いたことなかった)随分と強いコンスタンツェで。こっちもコンスとしては若干苦手だった…(申し訳ない)

ヴォルフが魔笛を書いてる時に旅行から帰ってきて「そのままのあんたを愛していたかった」って歌うシーンはグッときた。コンス自体はそんなに出番が多い役ではないけど、気持ちの表現が繊細から激しくなったり振り幅大きくてその振り幅をどう魅せるかっていうのがとても難しい役だと思う。「弱い自分」のコンスは良かった。

・古川×平野の時にコンスの声の方が抜けが良くてヴォルフの声が食われ気味なのが気になってしまった…ミュージカルだと声の相性も気にするんだけどそれどころではなかった…私の座ってた位置が2階後方だったから音響の都合もあるかなあ…

・山口大司教様。初演からの数少ないメンバーの1人になってしまわれた…歌い方の癖あそこまで強かったっけ(;´д`)

スタッカートのクセが特に強いし、テンポがため気味なのも気になってしまった…。ただ相変わらず圧はすごい。圧がすごい。

市村さんとか山口さんはいつまでM!に出演し続けられるのだろう、と少し思ってしまった今回。主演とかシカ様含めどんどん変わっていく中で初演メンバーってどこまで頑張れるのだろう?

・香寿さん男爵夫人。歌めちゃくちゃ上手いんだけど男爵夫人の解釈が私のイメージとだいぶ違うってなってしまった。でもとにかく歌がすごく上手いので香寿さんはこういう男爵夫人できたのかーみたいな…そういう感じ。初演の呪縛から抜け出せない民だから自分自身の解釈とかイメージを更新していかないといけないなぁと強く感じるなどした。「星から降る金」の歌い上げは流石の一言。

・シカネーダー様遠山裕介さん。正直今回1番個人的に良かった!吉野さんからのシカ様引き継ぎは色々大変だったと思うけど、イメージを大きく崩すことはなく遠山さんのシカネーダーに見えて私は大好き。是非今後また再演があるなら(まだ再演始まったばかりなのに気が早い)続投でお願いしたいところ。

チョッピリオツムに、チョッピリハートにの「私の芸術は観客の拍手が好き」であまり客席から拍手が起こらなくてちょっと困惑してしまった…あっまだそこまでじゃない…?吉野さんの時は毎回必ず拍手起こってたからこれからかな…もうすぐ中日だと思うんだけどそこまであったまってきてないのかな(;´д`)千秋楽近くにはわー!っと拍手が起こりますように。

・大河原アマデが上手〜〜〜〜〜〜めちゃくちゃうめぇ〜〜〜〜〜〜そして可愛い〜〜〜〜〜〜目力が強いアマデが好きなので彼も大好き…

・そのほかの出演者では後藤晋彦さんがとても好きだった。とにかく声がいい…ガタイもいい。ガストン出来そう(イメージでモノを言う)

・新場面「破滅への道」は作品をよりわかりやすくする力のあるシーンだとは思った。もっとバチバチに歌で殴り合ってほしい。

・全体的にセットというか演出が視覚的に煩いのが気になってしまった…小池先生スクリーン映像使いすぎなところあんまり好きじゃないし、五線譜みたいなあの柱が出ては引っ込んで出ては引っ込んでするのが見てて「鬱陶しい…」ってなってしまった

・セットのピアノもひとまわり小さくなった…?よね…?サイズ感が。元のサイズの方が良かったな…「ダンスはやめられない」なんかの時にピアノ小さくない!?ってなってしまった…

・あの舞台全体がピアノのセット、ピアノの蓋が開いたみたいになってる時はすごく綺麗で面白かった。あのデザインは好き。「チョッピリオツムに、チョッピリハートに」の時に鍵盤が虹色に光るのすごく可愛かった。どこから出てくるんだああいう発想。

・照明効果が素晴らしかったのは1幕ラストの「影を逃れて」でヴォルフとアマデの影が舞台の後ろに映って、ペンでヴォルフの腕を突き刺すアマデが心底怖く見えたところ。ああいう影の効果に弱い。逃れられない影が今まさに舞台にある!みたいなとこは流石だと思った。

・カテコの後Wアンコールみたいな感じで古川ヴォルフと大河原アマデがちょこちょこ出てきて、銀橋を下手から上手まで行ってセンターに戻ってアマデがヴォルフのピンマイクに顔近付けて「僕のためにありがとうございます」って言った瞬間あまりの可愛さに「可愛い」って声が出てしまった

大河原アマデ反則可愛い。


・今回個人的に消化不良感あって、1番は新演出が気に入らないってところなんだけれども(笑)モーツァルト!は本当に素晴らしい作品だし、きっと千秋楽までどんどん進化していくんだろうから追えないのが心苦しいなあ…

Wキャスト多いので他の組み合わせも見てみたかった。どうか今年のM!も円盤が出ますように。山崎verが見てみたい。

再演を重ねるとこっちの頭もリニューアルしていかないといけないって本当に強く感じたので、東宝も今後また少しずつでも見に行けるようにしたいなー。

東京宝塚劇場宙組公演「天は赤い河のほとり/シトラスの風-Sunrise-」

宙組公演「天は赤い河のほとり/シトラスの風」を見てきました。以下雑感。原作は未読です。ネタバレはふんだんにします。


天は赤い河のほとり

・冒頭遺跡発掘のシーンの台詞が全体的に「なんて?」って感じ(滑舌的な意味で)

・オープニングがアニソンとかヒーローが全員勢ぞろいしたみたいな感じで最初からアガる仕様。オープニングの曲本当すきめっちゃかっこいい!!

・真風さんがあまりに漫画的王子様ビジュアルすぎてすごい。まどかちゃんとの身長差圧倒的正義。いや正直羨ましいとすら思うあの身長差。全体的にまどかちゃんが脚を惜しげもなく出したところで膝を折る必要もないほどの身長差あまりにすごい。宝塚の2.5次元ビジュアルの本気(身長差込み)、全員女性って忘れそうになるわ…

・キックリりんきらが喋り始めるとなんとなく安心する私。

・ティトの愛海ひかるくんが全体的にめちゃくちゃ美味しかった。

・まかまどのあのお姫様抱っこ、想像以上に漫画みたいなお姫様抱っこだったので思わず「ヒッ」って声が出てしまった隣の人(片側は友人だったけど)すみません。凄すぎるでしょ…。

・ザナンザのずんちゃんが柔らかくてピンクのお衣装も似合っていて心優しい義弟感出てて好き。

・マッティワザの愛ちゃんがめちゃくちゃカッコよくて、私愛ちゃんの目線のお芝居がとても好きなんだけれど、今回も目がとても良かった。原作を読んでいないのでこれを見ただけの解釈だけど冷酷なだけの存在ではないなぁと言う感じがしたので特に好き。役の解釈間違ってたらごめん。

・ラムセス出てきた瞬間溢れ出るラダメス感(完全にエジプトが凄くて強いせい)キキちゃんには本当に申し訳ないんだけどラダメ…ラムセス…!!みたいになってしまった本当に申し訳ない(何度でも謝る)

・原作を知らないんですけどラムセスってもっとチャラいイメージだった…チャラさ具合あんな感じなんですか?(原作を読め)

・マッティワザと対峙する時のユーリが、名を尋ねられて「ユーリ…ユーリ・イシュタル!」って力強く言うシーンがとても好き。私は強い女が大好きなので、今回のまどかちゃんは良かった。発声を変えたのか分からないけど、以前より声が落ち着いてしっかり聞こえるようになったのが嬉しい驚きだった。運命を受け入れて一歩を踏み出す女、美しくないですか。大好き。

・少女時代ナキアの華妃まいあちゃんの声がそれはもう美しくて、宙組さんはこういうさあ!すごい綺麗な歌声で歌える娘さんがザクザクいるのすごいよ!全然ソロ貰ってないけどみんな!!もっと使ってー!綺麗な声きかせてー!

・ウルヒとナキアの回想シーン辺りから「もしかしてこれはすごく私好みのサイドストーリーが本来展開されているのではないか」という気持ちで頭がいっぱいになる

・お祭りのシーン目が足りないみんなあちこちで色々してるー!大体ソラカズキ(カッシュ)見てたー!

・この祭りの前のシーンにシュバスのもえこちゃんとゾラの優希しおんくんがいなかったのが多分この後のシーンにかかってきてるんだよね。

・皇帝の前で舞を舞うカイルとユーリのなに…この…すごいキラキラしてる…あと身長差がすごい…(何度でも言う)ここのユーリのグリーンのドレス好き可愛い。

・皇帝の前でユーリは跪いたりしてなかったけどあれはおっけーなのかな…細かいことは気にしなくて良いのかな…

・カイルの処刑をなんとかするために名乗りをあげるティトがその後の展開により思っていた以上に重要人物だった

・ラダメスとアイーダが幽閉されてたみたいな地下牢にラスプーチンめっちゃいる!!!!!!!(ラスプーチンではない)

ラスプーチンのボスみたいな安心感すごい芝居する人いると思ったら翔兄貴だった(ラスプーチンではない)

・ティトの尊い犠牲により唐突に登場する「鉄」とかいうパワーエレメント

・作り方ろくろく聞く前に脱出してますけど大丈夫なんですかね…

・ラムセスの母上と姉妹君達があまりに可愛いんですけど出てきた瞬間に思わず笑ってしまった…あまりにかわいい…

・ネフェルティティ様もうまんま彫刻みたいなお顔されてますね…あとほぼアムネリス様ですね…

・好きな声で喋る彫刻家(トトメス)だな!と思ったら安心と信頼の松風輝であった…ほんと安心感ある…

・ネフェルティティ様に会いたいとかいうユーリの命知らずすぎる発言に付き合ってくれるラムセス根がいい人すぎるでしょ…と思っていたらユーリがさらに斜め上をいく命知らずな行動起こしててもうこれイシュタル(愛と美と豊穣の女神)っていうかヴァルキリー(戦女神)みたいな感じじゃねえのみたいな…気持ちに…あまりに命知らずすぎるでしょ…いいけど…

・ラムセスまじラダメス…

・俺の女にしたいと割と本気でユーリに対して思ってるくせにカイル生きてんじゃね?あの辺行けば会えんじゃね?みたいなことサラッと教えてくれるラムセスまじファラオの器。

・ウルヒとナキアの回想⑵を見た私「これはもうナキアを中心にした上田久美子案件じゃん!!!!!!!!むしろこっちを見せろ!!!!!!!!!!上田久美子作演出で!!!!!!!!」

・銀橋で再会したカイルとユーリのデュエットを聞いて、WSSの時には全く思わなかった「まかまどの声の相性がいい!!」という喜びを得たので、もっと2人の歌が聴きたいと思った。WSSの時のまどかちゃんはもっと耳に刺さるような声だったのでユーリは本当にいい…良かった。

・泉が埋められたら元の世界に戻れない、って言われたユーリがここに残る!って言うシーンも好き。

ヒッタイトとエジプトの戦いで銀橋でカイルとラムセスが殴り合うんだけど2人とも体大きいし、立ち回りも大きいし、あのシーンだいぶ怖いんじゃないかなとハラハラしてしまった…足踏み外したりしたら大変…

・すごく普通に仲間として混ざってるマッティワザ愛ちゃんカッコいいけどどんだけエピソード端折られたん…

・エジプトが負けてラムセスが「お前とユーリの子供を嫁にもらう!」みたいな捨て台詞吐くシーン普通にニヤニヤしてしまった…この時点で約束されたハッピーエンドが見える…

・ウルヒ&ナキアとネフェルティティ様の処罰や処遇のシーンを見た私「ネフェルティティ様も含めて完全に上田久美子案件…これはもう絶対に上田久美子案件だわ…」

・「彫刻は片目だけ黒が私にはお似合い」って言うネフェルティティ様の生き方あまりに悲しすぎるでしょ…ネフェルティティ様がいなくなった世界で片目だけ黒の石をはめ込んだ彫刻作るトトメスも悲しいでしょ…

・カイルがユーリに跪いて愛の言葉を告げるシーン、あのナイト座りほんと宝塚見てるって最高に感じる好き。前任のナイト座りも変な声が出るほど好きだったけど真風さんのナイト座りもほんとかっこいい。

戴冠式すごいハッピーエンドの塊みたいな空気感だし曲も好きで幸せな気持ちになれる。

・もう1年くらい贔屓や推しが苦しんだり苦しんで死んだり別れたりすれ違ったりあの世に行ったりする作品しかまともに見ていないのでこういう大団円すごい心に染みる…あと半年くらい推しは別れたり死んだりあの世に行ったりし続けるのが確定しているのでそのうち幸せになってくれたらいい…。


シトラスの風-Sunrise-」

・ロマンチック・レビューシリーズの中ではこれが1番好きなんですけど、結構改変が大きくて記憶の中のシトラスとは(演者も違うので)ほぼ別物みたいな気持ちで。

・岡田ショーの何より好きなところはその色彩の鮮やかさなんだけど、オープニングのあのカラフルなパステルカラーがズラッと並んでるの見るだけで本当にテンションが上がるとにかく美しい!

・愛ちゃんとソラカズキが好きなのでそこを見るだけで忙しいショーだった…マギーさんもこれで見納めだと思うと少し寂しい気持ちに。

・ステートフェアーは白いふわふわのワンピースが似合うまどかちゃんが可愛くて仕方なかった

・あとどうやっても視界に飛び込んでくる松風輝(市長)

・間奏曲、キキちゃん白いお衣装似合うね〜!

・Mr.Bojanglesは少しだけどセンターで踊るすっしーさん(大好き)と、周りでキレッキレに踊る若手の対比が見ていて楽しくて。

クルッと回りながらジャンプするみたいなソラカズキすごい好きだし、ビシッと止まるるいまきせのダンスも好き、愛ちゃんの大きくてカッコいいダンスも好きなのでやはり目が足りない事態。

・アマポーラはセットがほんっっっっと綺麗あのセット見るだけで価値があると思うくらいアマポーラのセット好きアール・デコ風で素敵!!場面もロマンチック

でもメインで出てる人たちちょっとの場つなぎの後全然違うお衣装に違うテンションの場面で出てることが多くて早着替え大変そう。シトラス元からロマンチックな作りの割には割とハードなショーのイメージあるけど…

ノスタルジアは「誰も寝てはならぬ」が大変印象的なお芝居仕立てのシーン

ここもまどかちゃんのお衣装が大変可愛らしくて素晴らしいわ…白が似合う…でもあのお衣装後ろのフリルレースが地味にボリューミーで結構重そうでは…と思ってしまった(どうでもいい)

・士官のあっきーがあまりに立ち振る舞いがロイヤルで良い…

・ロケット!すごい叶ゆうりに(化粧顔が)似ている子がいて気になって仕方なかったんだけど誰だか分からない!!←

目の描き方だと思うんだけどな…

・明日エナは私が宝塚大好きになったきっかけといっても過言ではないくらいのシーンなので、何度見てもやっぱり大好き。真風さんもキキちゃんも少し音をためがちな癖があると思うんだけど、さすがの西野先生(指揮)なのでためがちが気にならずに聞けたのが大変ありがたい。

・ジャケットはだける振りの時の愛ちゃんの思い切りの良さと楽しそうなところ見ててほんと楽しくなってしまったし、腕で8の字描くみたいな振りのところのソラカズキがなんかもうめっちゃ振り切れててそう言うとこ好きなんだよなーと思いながらガン見してしまった。楽しいシーンを楽しそうに踊る人が大好き。

・あとソラカズキなんですけど、腕を伸ばした時の腕から手の角度がめちゃくちゃピシッとしてて綺麗なんですよね最高大好き。踊ってる時ちょっと重心低い(ストリート系ダンスの動きに近い)のも好き。ちょっと異質に見えるから動けばすぐわかる…

・間奏曲、マギーさんの銀橋。これ雪組SV!の時のコマちゃんみたいなさよなら意識した書き下ろし歌詞のシーンにしてあげることはダメだったのかなあ…。色々思うことはあると思うんだけど、退団者にただ場面与えるだけって言うのも何だか少し寂しいかなぁ。

・Sunriseのセットが噂には聞いてたけど完全にSUN!!!!!みたいな感じだったのでちょっと面白くなってしまったし、まかまどお二人ともお衣装がめちゃくちゃカラーリング太陽の塔だったので絶妙なダサさがあった…もうすこしさあ!もう少しなんとかさぁ!!

・デュエダンが短いけどその後の都合もあるので仕方ない…

・白燕尾の大階段も綺麗だったな。前半が比較的色の洪水で殴られる感じだったので後半が黒(明日エナ)、そして白(大階段)って感じで変わっていくの新鮮な気持ちになる…

宙組さんの群舞、ソラカズキを知ってからはソラカズキを見たいなぁと思って実際ソラカズキを見ている時間が大変多いかと思いきやどうしても見てしまうのが松風輝(まっぷー)

・まっぷーはどうしていつもあんなに顔で踊るんだろう…他を見たいと思ってもまっぷーが顔で踊ってるのどうしても気になっていつもいつも見てしまう…まっぷーのダンス自体も結構好きなんだけど顔の主張がめっちゃ強いほんとすきつい見ちゃう

いつまでもそのままでいてほしい。

・群舞真ん中3人含め宙組さんはやっぱり大きい人が多いので一斉に動くと圧がある。かっこいい。ていうか宙組やっぱいつ見ても人数が多い…多いよ…単純に人数自体の圧もあるわ…

・フィナーレ、娘1のエトワールがあまり好きではないんだけどこれは仕方ない仕方ない。

・階段降り人数も多い…!(3人組とかもあるので)

・主題歌がスローテンポなのでラスト銀橋に並んだ時の手拍子がしづらいということに、今回初めて気がついたりなどした。



最初は「再演やりすぎだろ」とおもいつつ何だかんだシトラス楽しみに見に行ったんだけどこれはどっちかっていうと芝居で通えるタイプのやつだなと…思った…

宙組さんまだまだ勉強不足で顔と名前が一致してない人多いのでしばらくまた要勉強…天河面白かったな…

曲が全部いいなと思ったら青木朝子先生で納得したわ…

最近BADDYハマった人なら天河の音楽も多分好きだと思うわ…(最初のピースフルプラネット地球から恋の鎖くらいまでとかBADDY覚醒辺りの曲書いてる方です)

あと天河好きな人は多分エルアルコンも好きだと思う…

天河見ながら何故かところどころエルアルコン思い出したので…

楽しかったです宙組さん。

SURFACEというバンドが8年ぶりに復活ライブをした話。

SURFACE(surface)というバンドがある。

1998年に結成して、2010年に解散した2人組のバンドだ。

アラサーアラフォーくらいの人間なら「ショムニ」の主題歌の「それじゃあバイバイ」とか「まもって守護月天!」の主題歌の「さぁ」辺りなら聞いたことくらいはあるよって人もそこそこいるんじゃないかと思う。

「あー、あのB’zフォロワーのバンドねー」みたいな認識の人もいるかもしれない。


そんなSURFACEが、今日8年ぶりに再結成ライブをした。

結成から20年になる今年、今日復活ライブを。

2010年、ファンクラブライブで解散発表をして、当時私は終わった途端TwitterでそりゃもうおよそFCに入るほど好きなバンドに向けた言葉とは思えないほど色んなことを言いまくったし、解散ライブの時にもずっと「ふざけんなよ」という気持ちでいっぱいだった。

解散してからの8年間、ボーカルの椎名さんはソロで活動していたし、ギターの永谷さんも表舞台には出なくてもいろんな活動をしていたけど、ちょっとずつ2人の色々なものを見聞きはしても、「SURFACE」以上に心躍るものではなかったのでお互いのソロ活動は結局あまり追えていない。

その間もSURFACEだけは聞いていたし、私が欲しい音はこれなんだよなーとずっと思っていた。


今日、私が欲しかった音が豊洲PITにあった。

正直いうと始まる前、「私が期待しているSURFACEがなくなってたらどうしよう」とか「ガッカリして帰ってくる羽目にならないだろうか」とかなんか余計な心配ばかりしていたけど、終わってみたら何のことはない、多少まあ言いたいことがないわけではないけど「私が欲しかったSURFACE」は豊洲PITにいた。

8年経って、舞台の上のお2人も、客席の私達も歳は取ったかもしれないけど(笑)私が大好きだった、そしてこれからもきっと大好きなSURFACEがそこにはいた。

SURFACEきっかけで縁を繋いだ人たちも、何年も会っていなかった人たちも含めてみんなあの頃みたいだったので「ここがたまり場」って改めて思った…。

あの復活ライブの場に無事いられたことをすごくすごくありがたいと思う。

音楽やめずに続けててくれたSURFACEのお2人にも、椎名さんが「ソロでこんな人数見たことないけどみんなどこに隠れてたの?!」っていうくらい満員の客席(振付やコール&レスポンスも完璧!)も、なんだか全てに感謝したいなぁという気持ちで今これを書いてる…

8年前、解散ライブで締めに歌った「CHANGE」から始まった今回のライブ。エモい。こんなエモいことある?

揺るぎない想いを込めて送られたRe:STARTからもう完全にSURFACEが勝ってた。いや何が勝ちとか分からんけど。

大体永谷さんがギター弾いて椎名さんが歌う、その時点で勝ち確では?

椎名さんの声が永谷さんのギターに乗る。

こんな完璧なことがこの世にあるかよって思った。

どの曲聞いても名曲だよ2人とも天才か。

SURFACEが再結成してまた「2人で」音楽をやってくれてることに感謝が止まらない。


結局私は「SURFACE」が大好きだなあと心底思ったし、今日はとにかくこれを声を大にして言いたい。

またSURFACEやってくれて有難う。

そしておかえりなさい!!



◇セットリスト

CHANGE

Re:START

情熱マイソウル

mc

ゴーイングmy上へ

御褒美

まだまだ

mc

たまり場

くしゃみ

mc

その先にあるもの

君の声で 君のすべてで…

夢の続きへ

mc

新曲

さぁ

なあなあ

mc

ヌイテル?

.5

それじゃあバイバイ

mc

なにしてんの


アンコール

(亜空間/アキラ100%さんと「さぁ」)

そっちじゃない

キミスター★


アンコール2

アイムファインセンキューアンジュー?

「ひかりふる路」東京公演個人的覚書

2018 1/2〜2/11 東京宝塚劇場雪組公演「ひかりふる路〜革命家 マクシミリアン・ロベスピエール〜」

諸々好きだったところ箇条書きまとめ感想(本当に暇な方以外はオススメしないやつ)


ひかりふる路」

第1場A 1793年1月18日・国王裁判(ロラン邸〜国民公会)

・幕開きタレーラン殿下とロラン夫人のチェスのシーン、ロラン夫人の手を取り口付けようとする殿下から手をすっと引くロラン夫人の艶かしさ、すごく好きだった。

・殿下が喋ってる時に盤面を見て「あら…!」って顔して「…チェック」するロラン夫人のあの「あら勝てるわ」って顔も大好きだった。

・♪1783年1月18日フランス国王ルイ16世の裁判が始まる

アンサンブルがどんどん厚みと迫力を増していったことをきっと忘れない。新公前後くらいにパーン!と押し出しが凄くなったんだよね新公直後だったかな?なんかスイッチが入ったなって感じた日があった多分1/27くらいから。

・次の場面の関係でこの場面にはオランプがいないのがずっと地味に違和感だった(笑)

・ただ声が大きいだけが取り柄か?って言われたダントンのリアクションも日によって違って、それを制止するデムーランの宥め方なんかも日によって違って。

・騒然としている議会を下手端で静かに眺めつつ、フッと手を上げて発言を始めるサンジュストの、1番若いのにすごいカリスマと説得力のある感じが公演の後期特に凄まじくて、あの誰にも真似できないあーさのキラキラをサンジュストにあてた生田先生の素晴しさたるや…。

ルイ16世の叶ゆうりくんの目力の強さが本当に大好きなので、

♪敵を殺せ!敵を殺せ!死の裁きを!死の裁きを!

のアンサンブルに合わせて階段を登りきって振り向き落ちる瞬間のあの瞳、毎回最高だと思って見ていた。

ルイ16世の処刑を実行する腕をあげるダントンの、自信に満ち溢れた格好良さがたまらなく好きだった。


第1場B ロベスピエールの演説

・せり上がりで出てくるマクシムにスッとピンスポが当たるシーンがこの作品の…というかフランス革命を成し遂げたマクシミリアン・ロベスピエールのクライマックスであって、あの登場シーンが1番マクシムが輝いていて、最高に素敵。センターのピンスポを浴びるマクシムの、ライトが当たって輝く瞳が、とてもとても好きだった。

・♪夜明けの空を 赤く染める

から始まる1番明るい曲「ひかりふる路」、マクシムの声が劇場を包み込む瞬間が大好きだった。第一声で、静まり返ったあの2000席以上ある広い劇場の空間を全て自分の掌の上に乗せる望海さんに、その声に、何度鳥肌を立てたか分からない。

・♪一つの心 一つの声 重ね合えば立ちふさがる扉を開く

の「扉を開く」の動きも大きくて本当にどんな困難でも乗り越えられそうに見えて好きだった。

・銀橋センターでの♪このひかりふる路を

でどんどんクレッシェンドかけてくマクシムの説得力しかない歌声も毎回好きだったし、振り返って舞台にいる革命の仲間たちに手を振って銀橋を走り、ダントンとデムーランの腕の中に飛び込んでいくマクシムも、革命三兄弟のあったかさも好きだった。特に「マクシムー!」「こいよ!」って呼びかけながらゴールテープみたいに手を繋いでマクシムを待ってるダントンとデムーランが可愛くて可愛くて。


第2場 革命の犠牲者(マリー=アンヌの回想)

・1/20までは少なくとも、本調子ではないにしてもそんなに気にならないマリーアンヌだったこの場面。1/27はちょっとかすれ気味かと思ったけど、そもそも大劇場版を見ていなかったので多少かすれ気味だったとしてもあくまでも本人比で気にしてはいなかった。

マリーアンヌの声は鈴が鳴るような美しい声だったので、多少調子が悪いにしたってそもそも美声だしって思っていた。

でも2/4はダメだった。2/4のマチネをどうしても忘れられなくて未だに亡霊みたいになってしまっているのはこの場面の力が大きいのをちゃんと書いておかないときっとこの先も消化することすらできないと思うから書いておく。

マリーアンヌである真彩ちゃんの良くも悪くも最大の武器である「声」それから「歌」

2/4、これらを完全に自分が思うようには操れなくなってしまったマリーアンヌは、この自分の自己紹介のシーンからずっと全身で泣いているような、苦しんでいるような、そういう表現をするしか無くなっていて、それが「貴族であるというだけで愛する人たちを奪われた」マリーアンヌとなって舞台を支配していて。ものすごく苦しかった。

その中の人の苦しみとマリーアンヌの苦しみがごっちゃになってとにかくなんか…よく分からないけど、凄かった。

あの日の何かしらのデータが手に入るわけではないので、今となっては凄かったとしか言いようがないけれど、声の掠れたマリーアンヌの、役と本人の気持ちが溶け合う瞬間が確かにそこにあって、私の中では2/4を境にして今作品は全く別物へと進化を遂げた日ってことになっている。

・回想シーンで初期はそこまで婚約者フランソワに対して膝折をしていなかったマリーアンヌが結構大胆に膝おりするようになったのは1/13くらいからだっけ…

・千秋楽のライビュでアップになったこのシーン見てマリーアンヌめちゃくちゃ痩せたし化粧も最初期よりだいぶマシになったなって思いました(小並感)


第3場 ジャコバン・クラブ

・大劇版BD見て「大胆に行こうぜ」のイントロのところの「ノン!ノン!ノンノンノン!」がなくて衝撃を受けた…それ大劇場から付け足せなかったの…すごい…この時点で別物じゃないですか…東京版にあまりに慣れすぎて違和感しかないよ…

・♪夜毎吹き溜まるジャコバンクラブ

の歌詞のところですごいジャンプ力からの回転を見せているオーギュスタンこと綾凰華くんの動きがとても好きでした。このパートを歌っているあすくんもとても良き。

・♪ぶつけ合うだけじゃ 俺たちは眠れない

のとこ、ビョーこと叶ゆうりのソロ有難うございました低音も良い…叶ゆうりの声色っぽい好き…

・♪大胆に行こうぜ男なら 恐れずに乗り込もう燃え盛る炎へ

テーブルの上からオーギュスタンを踏み台がわりにしておりてくるダントン毎回本当に意味わかんないくらいカッコよくて、咲ちゃんがダントンを演じてくれて感謝しかなかった。ちなみにここでダントンが飲んでいるワインは赤。

・「なんだこの騒ぎは!ジャコバンクラブは居酒屋じゃないぞ!」この時点でわかるマクシムの真面目清廉っぷりよ…キャラ立ち完璧だね生田先生…

・「これからも、仲良く三人でやっていくんだ」のダントンが公演最初は割とさらっと…この場面に限らないんだけれど初期ダントンはどんなセリフも比較的軽かったんだけど、中期後期になるにつれ間とか緩急を覚えて本当に良くなっていったんだけど、この台詞も「三人で」とかにアクセントつけて言うようになっていってこれがリピるほど物語の後半に重くのしかかってくるんだよね…

・銀橋「大胆に行こうぜ」合唱のダントンの

♪大胆に もっと大胆に 大胆に

のパートが本当に大好きだったし、後期はこの部分のダントンマイク初期より大きくなって本当によく聞こえるようになって更に好きだった。

・ダントンがマクシムになんか話すたびにスンッ…て顔してるサンジュスト、初期はそこまで激しくなかったのにどんどんマクシム担拗らせていって、この場面も本当にわかりやすい顔してて、千秋楽ライビュはそういう顔ピンポイントで抜いてくるものだからどうなってんだよカメラワーク神かよ問題発生してた。

・銀橋終わってみんなが舞台に戻るところで毎回しっかりキスしてるデムーランとリュシルのラブラブ夫婦ぶりが好きだった。

・この場面は目が足りない問題発生しやすい場面の一つで結局あれだけ回数見ても見たいところ全部見られなかったんだけれど、後ろのサンキュロットや娼婦が毎回毎回本当に色々やってくれていて見ていて楽しいしかなかった。目が100個欲しかったそれを処理して記憶しておく脳も。

・娼婦の笙野(ひーこ)、杏野(あんこ)、白峰ゆり(うきちゃん)の3人の個性と顔面の強さ本当に大好き。男役に絡んで踊っても全く負けない存在感まさに最高。

国民公会議員の眞ノ宮くん(うえんつ)、ゆめくん、星加梨杏(かりあん)

うえんつは前の場面でフランソワ(マリーアンヌの婚約者)として殺されてからの合流なので知らん間にいつも混ざっていたけど、ゆめくんが真面目に新聞読みながら周りと議論してたり、かりあんが娼婦相手に壁ドンしたりキスしたりしてて同じ国民公会議員でも全員キャラ違っていつ見ても楽しかった。雪組100期みんな可愛い!

・ル・バがサンキュロット女の羽織ちゃんにちょっかい出しまくっていたことも円盤には残らないだろうからきちんと書き記しておかねばならない。首筋に手を突っ込むのは流石にやりすぎだと思うよル・バさん…

フーシェが奥の方でサンキュロット女に日替わりで料理の皿持って話しかけたり(これは結局1度しか見れなかったけど)デムーランの新聞読みながら話しかけたり、新聞持ってんのに広げもしないで世間話してたり。

・バラス(日向春輝)とビョーが上手テーブルでいつもサンキュロット女のあゆみねーさんと絡んでるのも地味に気になってはいた。

・スッとジャコバンクラブに入ってくるマリーアンヌに気付いたフーシェとフレロンの「見ろよ、あの女!」から始まるマリーアンヌへのウザ絡み、それに気付いたマクシムたちが助けに来る場面、サンジュストがマリーアンヌを「こちらへ」って上手へ案内してるんだけどあれって別に正義感からではなくて敬愛するマクシムが彼女を助けようとしたからなんだよなぁって観劇数回目くらいに気付いて、サンジュストって役が本当に恐ろしい。

フーシェの「いい気になるなよ!ロベスピエール!」で今自分を助けた男こそが殺そうとしていた男だと気付いて彼の元に走り寄るマリーアンヌがフレロンを突き飛ばすんだけど、最初は軽く押す感じだったのにどんどん力強くなっていって最後の方は全力でフレロン突き飛ばしてたの控えめにいってマリーアンヌちゃん強すぎて最高、強い女は大好き。

フーシェとフレロンを追い払うダントンのハッ!て感じでの念飛ばし…衝撃波?フーシェとフレロンを追い払った後にマクシムがダントンの真似してモーリスに衝撃波真似して打ってモーリスが仰け反って「腰痛い!」ってなってマクシムが「すまない!」って感じになってた回があったり、ダントンに「さっきのあれどうやったんだ!?」ってキラキラの瞳で訊いてダントンが「まずこうやって〜」みたいな感じで教える回があったり、2人して元気玉作るみたいに手をモニュモニュしてる回があったり、お互いに衝撃波打ち合ってのけぞってる回があったり、あそこのマクシムダントンのやりとり最高可愛い。映像撮ってる日のやつは全部収録して頂きたい気持ちでいっぱい。

・マリーアンヌを送って行けっていうダントンに何で!?っていうマクシムにダントンが言う「大臣命令だぁ〜!」、マクシムが仕方ないって顔して「分かった」って言った後にデムーランが真似して「だいじんめいれいだぁ〜」っていうやりとり、最初の数回はやってなかったんだよね。いつからか毎回やるようになった。1/20前後くらいからはレギュラーセリフになった気がする。

千秋楽は

「大臣命令だぁー!」「どうして…!…わかった。」「だいじんめいれいだぁ〜!」「似てないよっ!」

初めてマクシムがデムーランにつっこんだの大変可愛くて良きでした…。

革命三兄弟の仲良しが可愛ければ可愛いほど本当に楽しくてつらい。何と言うシーンだよここは…(思い出しただけでつらい)


◆第4場 パリの街角・夜

・舞台下手方面から上手方面にサイラを歌いながら歩いてくるサンキュロット3人組、上手で一回止まってはけてく時の小芝居毎回違った。お酒を飲みながらだったり、決めポーズ揃えたり、ビシッと気をつけしたり、あれもきっと毎回楽屋とか袖で「今日はどうするー?」ってゆるく打ち合わせしながらやってたんだろうなぁ。

・あのサイラの歌詞が、「貴族を殺せ!高く吊るせ!」的な歌詞と言うことを公演中に調べて知って、貴族出身のマリーアンヌがいくらマクシムに連れられているからってあの暗いパリの街中を歩くことはどれほどの恐怖だったよ、と考えてしまうシーンである。

・有名なマクシムに引き換え、私はただの…ただのシトワイエンヌです、というマリーアンヌの心情、察して余りある。全くもってただのシトワイエンヌなわけないし、自らの仇と同じ名前を名乗る苦しさと来たら。「ただのシトワイエンヌです」っていう時目が泳ぐマリーアンヌが好き。

・帰りますって一度言った後に、あっ…って顔をして「送って行ってくださるのではなくて?」って話しかけるマリーアンヌの頭の回転の速さがとても好き。彼女は貴族のお嬢様だけど、その後の歌詞にもあるようにこの暗いパリの街角でマクシムを殺せるチャンスを自分は得ているって気付くその瞬間のマリーアンヌが好きだし、来た道を戻るように歩くマリーアンヌにえっ、あっちじゃないの?そっちいくの!?してるマクシムも可愛くて好き。

・この場面の背景で娼婦が道行く男に絡むんだけど、毎回うきちゃんが叶くんにお呼びじゃねーんだよ!ってばかりに派手に投げ飛ばされているのを見るのが好きだった。結局その後マクシムとマリーアンヌが歌うシーンで2人がっつり組んで踊ってるんだけど、叶くんの足元からスカートをたくし上げるように手を沿わせて上げていく振りがめちゃくちゃエロくて大好きだった。荒々しいんだよね叶くんの愛し方。ダンスの時のガツガツ感も好き。よく言えばワイルド。

・♪月明かりに閃く刃の強い光に 魂さえ売り渡してもいいの

そう歌うマリーアンヌの強い瞳があの暗いシーンでピンスポ浴びてキラッとするのが好きだった。

・マリーアンヌが上手セット前で暗殺を決意する歌詞を歌っているその時マクシムは下手セット前で娼婦3人にめちゃくちゃ絡まれてて「いや私はそういうのはいらないんだ」「やめてくれ、いらないと言っているだろ」みたいに翻弄されてるのも死ぬほど好きだった。もうどっちが主演男役かわかんないなってくらいのマクシム姫プレイ(その1)だなって思いながら毎回見てた。すみません。

・手に持った短剣を隠しつつマクシムに近づくマリーアンヌを見つけた瞬間のマクシムのちょっと安心した顔と、「なんだ、女連れなの?残念だわ!」みたいに去っていく男前娼婦3人組…好き…

・マリーアンヌは2回マクシムを殺すことに失敗するんだけど、刺し損ねた時にあぁっもうっって顔をしながら着ているコートの中に短剣を隠す時の仕草がとても好き。

・2回目刺されそうになった時に台車に轢かれそうになったマリーアンヌをかばうマクシムの顔の近さがちょっと尋常じゃなくて、マクシム一応童貞設定なのにその近さはどう考えてもおかしい。女に慣れてない男がその至近距離で今日初めて会った女に近付けるわけないだろ…

・名前を教えて欲しいとマリーアンヌに言うマクシムの「自由とは他人を害さない全てを成しうることだ」も、ラスト1週間でだいぶ言い回しが変わった。「なし得ること、だ」って明らかに句点が入るようになった2/6以降。

マリーアンヌが「名乗らなければあなたに危害を加えたことになるって言うの?」って問うた時にマクシムが言う「あぁ」も、2/4以前以後で全然変わったんだよね。それ以前はもう少し軽めに言っていたのに、それ以降は心からそう思ってるさ!みたいな力強くタメ気味の「あぁ!」になった。控えめに言ってがっつきすぎである。でも後期のマクシムの「あぁ!」が好きだった。もうこの時点で自覚のない恋をしているのがストレートに伝わって来て。大劇版はどう頑張ってもラブストーリーではないひかりふる路なんだけど、東京版後期はこの時点でもう既にラブストーリーとしても走り出している。ここでマクシムを殺せなかったマリーアンヌの苦悩や迷いにしても、東京前期に比べ中期、中期より後期で場面の色が全く変わっていったこと、本当に驚きとしか言いようがないくらいの変化だった。


◆第5場A ダントンとジロンド派(ロラン夫人のサロン)

・このシーンでテーブルに足を乗せるダントンの足が長すぎて遠近感がよく分からない…足が長い…

・ここでもダントンが飲んでいるワインは赤。

・ロラン夫人がムンムンしていて大変素晴らしい。ロラン夫人の「どこへやったの?」の言い方が個人的に大変エロくて好きでした。

・胸元からダントンが資金を横流しにした証拠の紙を取り出すロラン夫人の胸元のマイクにたまにカサカサって音が入る時があって、その音が聞こえたら翔くん疲れてんのかなってちょっと思っていたりした。

タレーラン殿下がきて慌てふためく一同、「お前はジャコバン派を抑えることもできなかった!」と叫ぶピエール(まちくん)をダントンがぐっと襟元掴んで払いのけるシーンの後、ピエールがいっつも物凄い勢いで咳き込んでいてあの程度襟元掴まれたくらいでそんな咳出る!?っていつも思っていたけどダントンは声も大きいし力も強かったのかな…

タレーラン殿下がダントンを脅すというかそういう感じのシーンで杖をダントンの脚にパンっと当てるんだけど、前期は膝上〜太もも、中期は金的くらいの位置、後期は大体太ももだったんだけど中期の位置が脅し的には個人的に好きだった。


◆第5場B ダントン夫妻(ダントン邸)

・ガブリエル(朝月希和)がダントンを迎える時のお芝居が結構違うっぽいことに気がついたのが中期以降だった不覚。2/10のソワレが特に良かった。泣きそうな声で言う「怪我なんかしたら…ぶん殴るからね!」からダントンへの想いが溢れ出ていてその後のキスシーンのダントンの包容力ったら。

・「みんな仲良く飲んで食えたらそれでいい」というダントンの台詞も、中期以降…特に新公以前と以後で切実さというかが段違いになった気がしている。全体的に新公後の間やタメがいい感じに叶くんから影響受けたんだろうなっていう感じ。


◆第6場 世界が燃える(パリの街角〜国民公会〜戦場)

・新聞売り(諏訪さき)の声も歌も大好きだったんだけど、ここのアンサンブルも中期以降の圧と熱が凄くて、特に千秋楽近くはこの人数でこんな圧出る!?っていう感じだったことをしっかり覚えておきたい。

・サンキュロット男のうえんつの顔面の主張が激しくて、なんで前期あんなにうえんつ見つけられなかったんだろう…中期以降特に探してもいないのに目に飛び込んできていたのを考えると…。新聞を受け取って周りのみんなと「なんてこった!これ見ろよ!」的な小芝居をしている彼のことを眺めるのが割と好きでした。

・サンキュロット女の羽織ちゃんがとてもいい位置にいるので映像に残ってくれてありがたい。手足が長いので腕を伸ばしてグッと掴むみたいな振りのところの格好良さがすごくて好きでした。

・サンキュロット女やってる娼婦三人組の中でも特にうきちゃんがちょっと尋常じゃないくらい物理的に強そうで、オペラのぞいてて飛び込んでくるとびっくりする。大体どこのシーンでもそんな感じだったけどなんであんなに強そうなのだろう。

・♪世界が燃える

で盆が回って国民公会になるシーンで下手最上段にいるクレール(早花まこ)がマリーアンヌに毎回ではないけどたまに話しかけていて、ちょっと気になっていたりした。何を話していたんだろう。

・上手最上段1番センター寄りにいるオランプ(舞咲りん)がこの場面中ずーっと議会での議論に対してものすごいリアクションをとっていて、2/4だか2/6の時にダントンとマクシムが戦争についてやり合ってる時に「本当に男どもはこんな議論をするばかりで役に立たない!!」みたいにすごくイライラしながら指で手すりをトントントントントントンずーっと叩いていて、ダントンの

♪理想よりも現実を見るべきだ 敵軍はパリを目指してる

の辺りで怒りが爆発した感じになっててそういうとこ好きだなって思いながらみていたりした。オランプたちもやっぱり毎回感情が違ったみたいで、みんなのことをもっとしっかりみたかったなって終わってしまった今でも思う。大体怒りが大きかったけれど。

・マクシムの

♪人民を犠牲にするなんて 過ちを犯してはならない

のところの「なんて」の部分のつまり具合からの「ならない」の伸びやかな声がすごく好きだったし、マクシムがそれを言った瞬間に「あの人は今なんて言ったの?」って耳を疑うような顔をするマリーアンヌも大好きだった。マリーアンヌの揺らぎはこの辺からもう決定的に始まっていて、前期はそこまででもなかったけど中期以降はここの表情が格段に良くなったと思う。

・後ろにいるジャコバン派ジロンド派議員の皆さんもダントンとマクシムのやりとりにそうだ!とかまちがってる!とか細かく細かく反応していて良かった…

・下手銀橋でのタレーラン殿下とロラン夫人のやりとり、いつも殿下が夫人の顎掴むので「顎はやめてあげてよ!気持ちはわかるけど!」みたいになっていたりした。

・ロラン夫人の「次は…何をなさるの?」の腹に一物抱えていそうな言い方が大好きでした。尋常じゃないエロさでした。

あとロラン夫人の谷間が一番見やすいのがこのシーンだったんですけど、初期はともかく中期は盛り方がすごくて、後期はキレイめに落ち着いたけれどグラマラスな谷間だったので後期このシーンでロラン夫人の谷間見るのが本当に好きでした。ご馳走様でした。

・生田先生に申し訳ないんだけど、「世の男たちが留守の間にすることといえば」とか「私、もう我慢できそうにありませんわ」がエロすぎて普通にNTRじゃんって思いながらずっとこのシーン見てました。最低。

・ブランシュバイク公(カリ様)のダンスキレッキレですごく好きだった。

プロイセンオーストリー連合軍に優美せりなちゃんが混ざっていたのに気付いたのが千秋楽前日でもっと早く気づきたかった。連合軍ほぼ娘役から構成されてるんだよね帽子で顔が殆ど見えないから気付いたところで、という感じではあるけれど。

・フランス兵うえんつ、本場面で2回目の死。倒れる瞬間に目を見開くところが好きだった。あとフランス兵のかりあんかっこよかった。まぁ帽子被ってるから顔ほとんど見えないんですけど立ち姿とかが。


◆第7場 ポン・ヌフ

・暗転橋せり上がりで照明着く前に自分の位置に立ちに行く望海さんの影からガン見するのが好きでした。照明ついてひっそり後つけてきたつもりが普通にマクシムに見つかって「あっ」みたいになるマリーアンヌも可愛い。

・マクシムの「傍聴していても…私に会いにきたりはしないんだな」が初期は割とあっさりめの台詞回しだったのに、公演進むにつれて「こんなに議会傍聴に来てんのに私に会いに来ないの常識的に考えておかしくない?」みたいな言い回しになっていったの面白くていつもニヤニヤしてしまっていたけどそういう場面ではない。

・「あなたが戦争に反対だなんて、意外だったわ」のマリーアンヌ、初期はポンポンとセリフをただ繰り出している感じで正直新公の方が良いなぁと思うくらいだったのに、新公ビフォーアフターで戸惑いが加わって本当に意外だと思っている感じがとてもよく出るようになっていて、進化が見えやすいシーンだったと思う。

・同じように「惨めなものね」辺りの台詞も、円盤はハッ!と笑い飛ばすようなというか…やたら強気な感じだったのに東京にきて全く意味合いが変わってきていて、特に後期はニュアンスも含めてすごく良くなったと思う。

・耐えるだけで精一杯なマクシムの、本当に耐えるだけで精一杯感最高。耐え忍ぶ望海風斗はそれだけで美しいので。

・マクシムが革命を終わらせない!って語気が強くなるところ、その日のマクシムのコンディションによってマリーアンヌの色が変わるので毎回見ていてとてもドキドキする場面だった。いつだっけ…1/20か1/27だったと思うけど、すごく強い日があってマリーアンヌがすごいビクッ!!として後ずさった日が一度あって、その日の2人が好きだった。マクシムの革命に対する気持ちの強さがすごくよく出ていて。そういうところを目の当たりにするからマリーアンヌも仇と思ってきたはずなのに「私にはあなたが分からない」ってなっちゃうんだよね説得力すごいあったよ…。

・理想と願い、ナンバーも優しい曲で大好きなんだけど、この曲を歌い始める時のマクシムの声がすごく優しくて好きだった。特に2/4はもうどうしたのってくらい優しくてあの日の記憶が薄れていく今が悲しいくらい。

・後ろの農夫たちのまちくんが意味わかんないくらいかっこよくて、公演中期からまちくんの奥さんがせりなちゃんだと気付いてからはマジで天国でしかなかった。子供と奥さんの肩を抱くまちくん…お父さん最高。

・♪大地踏みしめ生きる 理想の暮らし

のところでマクシムが舞台中央の台車のところにいる子供に絡みにいくんだけど、頭わしわししてたり、頬を優しく手で撫でたり、肩ポンしてたり、ブドウもらったり、絡み方も毎回違って、頭わしわしがすごく可愛くて好きだったしマクシムが本当は優しい人だとあの場面だけでも伝わるしあんな「理想の暮らし」見せられたらマリーアンヌもそりゃあ…って毎回なってた。

・理想の暮らしでマクシムがマリーアンヌの手を成り行きで取ってお互いに「あっ…」って感じで手を離すところもどかしくて大好きだった。もう2人とも愛することを止められなくなってるんだよなーお互い無自覚だけどーみたいに見えて…マクシムは何も知らないからいいけどあのシーンマリーアンヌの感情がどんどん変わっていくのを毎回見せられるからこっちの感情も忙しくて。

・雷が鳴ってマリーアンヌがマクシムに抱きつくところも、その日の感情で全然違って。一番好きだったのは1/20の、マリーアンヌから結構勢いよくマクシムに抱きつきに行った日。小さいけどマイクが「キャッ!?」って声を拾ってたのでドキッとしたし、マクシムもハッ!て感じでマリーアンヌ抱きしめてたので。後期は雷の音が鳴る前からマクシムが半分マリーアンヌ抱きしめ態勢に入ってたので(腕の広げ方がハグ待ち感あったんだよ…後期のマクシムはこの時点で完全にマリーアンヌ大好きだった)ここのマクシムは中期くらいの自然のアクシデントでマリーアンヌを抱きとめる感じが好きだった。

・♪自然は人を隔てはしない 人が人を区別するのだ

のところ、センターのマクシムとマリーアンヌをオペラで見ると真後ろにいる農夫のまちくん家族が入り込んできてて神アングルだった。「雨かよー」みたいなのいつも言ってるの見えたから、ああいう小芝居も大変雪組的で宜しいです。

・後ろに再登場するマリーアンヌの家族たちとフランソワ(婚約者)、ここで母のヒメがいつも優しく「マリー」ってマリーアンヌに声をかけているし、マリーアンヌがフランソワに近付こうとするとフランソワが首をそっと横に振るのも大好きだった。君はもう僕たちのために生きなくていいって言ってるみたいで。千秋楽は気付かなかったんですけど(そもそもカメラに抜かれていたのかもよく覚えていない)フランソワが「ありがとう」ってマリーアンヌに言っていたみたいで、そんなのさ…もう無理じゃない…?

・下宿先のデュプレ家で家族観察してることをドヤ顔で話すマクシムめっちゃ好き。公演進むごとにどんどんドヤ度が増してきていたし、あの単眼鏡覗き込むようなジェスチャー含めて可愛い。可愛いけど冷静に考えると「誰もが皆幸せに生きる理想の暮らしの為に、自分が知らない家族愛というものを観察している」とかいう状況普通に気が狂ってるし真面目が一周して変人でしかないし、お前そういうとこだぞマクシム…そりゃマリーアンヌも冗談はやめてってなるわ…

・「それは幸せな例外だ」の言い方も勢いがある時と優しい時があったなあ。後期は大体優しかったなぁ。語りかける感強くなった。笑うマリーアンヌを初めて見た時のリアクション、ほんの少し首を傾げて一拍間を置いてる感じが好きだった。それを言われたマリーアンヌが少し困った顔になるのも好きだった。

・♪ただ君の笑顔だけでいい 他に何もいらないと思える

って歌う時のマクシムの「私は何を言っているんだ…」っていう顔が自分でも毎回感情をどこにどう持って言ったらいいのかわかんないくらい好きだった。

・♪過去に別れを告げれば 罰が下るわ

と歌うマリーアンヌの歌い方、感情の乗せ方、2/4を境目にもう完全に別物。2/4が本当に最高すぎて「今」で初めて号泣したのがあの日だったから忘れることはできない。掠れた声で泣きながら「罰が下る」って歌うマリーアンヌが苦しくて、初めてあぁ、この曲ってこんなに苦しい曲なんだと思えたんだよな…。逆恨みと理性では分かっていながら、されど愛する人を奪った革命の象徴であるロベスピエールを殺さなければならないんだと4年間苦しみ抜いてようやく彼にたどり着いたのに、仇であるはずの彼にどうしようもなく惹かれてしまっている彼女の心の苦しさ、あの日を境にどんどん突き刺さるようになってきて。それでそんな状況を知らないマクシムがまた

♪罪を分かち合い 罰なら共に受けよう

とかいうじゃん…この世の地獄でしかない…

・♪壊れる世界で生まれた 愛の行方求めて

のところの向かい合ってだいきほがブレスからタイミングから最後の音までしっかり合わせてくるところが大変好きです。

望海さんの、歌っている時に胸部から腹部から全部開いてるみたいに歌うところが大好きで、1人で歌っているシーンよりとりわけ真彩ちゃんと向かい合って歌っている時の胸の開き方(ブレスすると腹部から胸部が見てわかるくらいに動くんですよあの人)が大好きでだいきほデュエットの時ほぼ望海さんアングル…最高の極み…

2/4の話ばかりして申し訳ないんですけど2/4の「今」が良かったところは真彩ちゃんが思うように声が出ないので望海さんが真彩ちゃんの目を本当にしっかり見つめながらバランス取って声を出していたところで、でも別にすごく抑えていたわけでもなく、優しく包み込んで引き上げるように歌ってたんだよね…そしてどういうわけだか1人で歌うより向かい合って歌う方が真彩ちゃんも声が出るものだから、強弱のメリハリがすごくて。優しく入ってどんどんクレッシェンドしていく

♪2人で(2人で)未来へ

ものすごい鳥肌ものだった…この記憶も薄れていくけどこういうことがあった事実だけは絶対に忘れたくないからちゃんと書いておく…

あと2/4は真彩ちゃんがロングトーン伸ばしきれないところも望海さんがしっかり伸ばしきって歌っていたんだけど、2/7は見つめながらアイコンタクトして真彩ちゃんの声が伸びるところまでで望海さんも伸ばし合わせて止めていたから、毎日毎公演あれだけ舞台に出てるのにその気遣いの有難さに泣いたし、望海さんは神様だと思った。

・7場ラストで上手袖にはけていく時、マクシムがマリーアンヌの腰の辺りに初見時手を回していたような気がしたんだけどあれは幻だったのかな…その後は一度もそういうことはなかった…。あそこはける時にいつもマクシムがマリーアンヌに色々話しかけているけど、あの内容もきっと日替わりだったのだろうなあ…。


◆第8場 新しい生活(ルノー印刷所〜街角〜ダントン邸)

・♪いつでもどこでも季節は過ぎ行く

イザベル(愛すみれ)のこの場面転換の歌、1/13だっけ?1/20?くらいから1月後半くらいまで結構喉がしんどそうで声枯れたりしてて、愛すみれちゃんほど歌える人でもこの公演大変だったんだなぁと思った記憶。

ルノーの印刷所の印刷工4人の中で汐聖風美くんがマリーアンヌへの食いつきが特に激しくて、マリーアンヌが来た時に「えっなんか可愛い子来た!」みたいな顔してるの好きだった。

・マクシムがルノー夫妻にマリーアンヌを紹介する時にデムーランが「僕の新聞も頼んでるんだ!」って食い気味にいくとこらでリュシルが「あなた」って言ってデムーランを止めるんだけど、「だめよ、今はマクシムがマリーアンヌを紹介しているんだから」みたいな感じで姉さん女房みたいにめっちゃ落ち着いて優しい奥さんみ半端なくてここのリュシル大好きだった。デムーランも「あっそうだよねごめん」みたいな反応してるし、学年差12もあると思えないくらいみちるちゃんがお姉さんでほんと好きだったデムーラン夫妻…

ルノー(にわさん)の「今日からは、家族だ」の言い方が優しくて、マリーアンヌの頑なな心が溶けて行くのが分かる場面で好きだったし、2/4の時に前の場面の「今」でマリーアンヌがボロ泣きだったんだけどこのシーンで「家族だ」って言いながらルノーが指でマリーアンヌの頬の涙を優しく拭ってくれててもううわああああああああみたいな感じだった…

・「自由ってのはね、自分の人生に責任を持つってことさ!」のルノー夫人(みとさん)がガッツポーズみたいなポーズをする時にタイミング合わせてガッツポーズするルノーが本当に大好きだったし、この作品に出て来る夫婦はどの組み合わせもみんなそれぞれにキャラは違うのにあったかくて良かったなあ。

・リュシルに連れられて街に自分の自由を探しに行くマリーアンヌを印刷工4人が「俺たちも一緒に行きたい!」とばかりに仕事投げ出して覗きに来てルノーに「何やってんだ戻れ!」されるシーン可愛くて好き。前期はここのルノーのマイク入ってなかった?小さかった?んだけど後期は割としっかり「戻れ」が聞こえるようになったの良かった。

・女性革命家とマリーアンヌたちのシーン。オランプ(ヒメ)が言う「また随分頭の中身の古いお嬢さん連れて来たねえ!」の言い回しが大好き。ここは雪のお姉様方が次々出て来てはマリーアンヌに女にも自由はあるって言うんだけど、このシーンはひかりふる路において唯一の救いみたいなシーンでほんと好きだった…ずっと好きだったけど2/4に一度ここで泣いてからもうその後の観劇はずっとここで泣いてた。

オランプの「明日は今日よりいい日になる!」で2/4にオランプがマリーアンヌの頬の涙を拭いてくれてからもう完全にそこのセリフが決壊ポイントになった。

・マリーアンヌが銀橋に入る前に女性革命家の皆さんが配っていたビラをギュッと胸に抱くところ、千秋楽ライビュで「大丈夫」だと思うんだけど口が動いていてもうアァーーーー!!!

・♪新しい人生が今 この街から始まるの

ここのソロも大好きで、2/4の時はこの場面の後ろでマリーアンヌを見つめる女性革命家の皆様が本当にあったかくて、オランプも「頑張れ」って多分言ってくれてて、最高オブ最高。2/4以降でもここでマリーアンヌが泣くことは何回かあって、あんなに絶望した彼女が前を向けるシーンで、歌い終わりのマリーアンヌは微笑んでるんだよね。だからこそせっかく前を向いたこのシーンの後の辛さがのしかかって来るジェットコースター仕様。

・ガブリエルが亡くなるシーン悲しいんだけど、このシーンでガブリエルを看取るのがリュシル、デムーラン、シャルロット(マクシムの妹/野々花ひまり)で、シャルロットがすごい悲しそうな顔してて、そういうところからシャルロットもこの後の展開すごい精神的にきついんだろうなぁって。

・ダントンの、息を引き取ったガブリエルに対しての「一人にしないでくれ…」は東京から追加のセリフなんだけれど、これがあるのとないのとでは雲泥の差だし、このダントンの悲痛な声がたまらなかったな…。ダントンはまだこの時点ではマクシムたちも仲間なのに「ひとりにしないで」って言うんだよねガブリエルの亡骸に…。なんか色々この先に起こることを、予見してんのかなぁと思ってしまう…。

ジャコバンクラブに向かうマクシムにコートをかけるエレオノーレ(星南のぞみ)、初期は物語の世界から現実に一気に引き戻されるレベルの棒だったんだけど後期には本人比とはいえちゃんと伝わる言い回しができるようになっていて成長が本当に嬉しかった。歌も最初は消える高音だったけど最後の方はちゃんと声が出ていたし、このまま成長してほしい…。

・それはそれとして、マクシムにコートをかける時にいつ何時見てもコートが擦れてガサガサ音が入ってしまっていたのは本当に残念だった。もう少し気をつけて欲しかったなあ。

・恐らく雪がちらついているほどの寒い日だということがすぐ分かる望海さん…マクシムの空を仰いで手を差し出す仕草が好きだった。

・マクシムがジャコバンクラブに向かう途中に後ろの紗幕が上がってジャコバンメンバーが机に紙を広げて何か言っているところ、後期くらいになって突然「マクシムに相談しましょう」って音声をマイクが拾うようになって、臨場感上がって良かった。


◆第9場 ジャコバン・クラブ

・この場面のアンリオ(縣千)の熱さがとても好きで、華があるなぁ!といつも見てしまっていた。アンリオくんとても良いキャラ。

・ダントンが裏切ったと言われて「そんなことはあり得ない!」って机の上に散らかった資料を次々手にとって眺めては項垂れていくマクシムに対するサンジュストがこの辺から輝き出してスゴツヨ。ここで椅子に座ったまま斜め前を見て項垂れるマクシムの前髪が天才。最高。

ジャコバンメンバーに次々と貴方しかできない、って言われたマクシムが半分虚ろな目で

♪見捨てられた革命を私が救おう

っていうところ、中期の頃はかなりしっかりした強いマクシムで、この辺からあまり揺らぎがなくて、

愛する人を守るために 戦い続けよう

のところでもう絶対この革命を私がなんとかする!って意思をしっかり感じたことが多かったんだけど、初期はこの辺まだ姫マクシムで迷いとかが多々あって、中期を経た後期は「私がしっかりしなければ」という意思は感じるもののまだ揺らぎのある感じで、後期のマクシムが一番好きでした千秋楽が本当に最高だった。

・その後の銀橋の歌も初期はもう吹けば消えそうな姫マクシムで私は姫マクシム大好きだったので初期マクシムに萌えまくっていたんだけれど、サンジュストもまだそこまで激しくなくてその後のエスカレートを思い出せば初期は全然薄かったなって…今思うと…。公演走り続けているうちに明らかにマクシム強火担サンジュストスイッチが激しく入るようになっていったものな…。後期、銀橋でマクシムバックハグする辺りなんかすごい顔してるサンジュスト。中期の頃は怒りが強めだった印象なので、

♪信じた友に裏切られて ひび割れた心が 怒りと憎しみに震え狂ってゆく

の辺りからかなり怒りが爆発してて苛烈だなぁと(1/20〜1/27辺りなんかもうほんと激しくて強かった)思い出せるのだけど、ここのマクシムの感情のグラデーションが見るたび色が違って新鮮だったな。

後期、特に2/4なんだけど、ここから恐怖政治につながる場面だからここのマクシムの感情がぐちゃぐちゃであるほど恐怖政治のぐちゃぐちゃにも繋がっていくので、グラデが混ざってマーブル模様みたいになった2/4のあのマクシムとジャコバンメンバーとアンサンブルの熱は忘れたくないなあ…。

・アンサンブルのみんなの真ん中で一際アツいアンリオくんの怒りに満ちた表情信じられないくらいかっこいいあれで101期生とか信じられない。

・「共和国を裏切ったジロンド党員たちだ!」を言い切った後のマクシムとサンジュストのアイコンタクト、サンジュストが「貴方はそれでいいんですよ」って顔してるの最高に恐怖。


◆第10場 国民公会

・蜂起した市民たちが雪崩れ込む国民公会、演説台の上にいるダントンの「マクシム!?なにをするんだ、やめろ」っていう言葉も公演前期はマイクが入ってなくて聞こえなかったのに後期割としっかり聞こえるようになって、ルサンクに載ってる台本に書いてある台詞ではないものだけれどそういうのが聞けるようになったことですごく良くなったと思う。

・ここでデムーランがマクシムとダントンをずっと悲しそうな顔で見てるのに心が痛くなるんだよね…

反革命の容疑で逮捕されるジロンド党員の皆さんと共にいる国民公会議員の100期生3人、ここで連行されてるのに後のシーンでジャコバンクラブで普通に出てくるからいつも「捕まってんのになあ…誤解が解けて釈放されたんかなぁ…」ってなってた。

・ダントンに嬉しそうに裏切りの証拠を突きつけるサンジュスト、明らかに動揺した声で反論はあるか、と問うマクシム、ないな!と答えるダントンに更に狼狽えるマクシムとかいう割と地獄のようなシーン。

ダントンの精一杯の釈明(事実)をマクシムに信じてもらえなかった時の「信じられないか…そりゃあ、そうだな!」が初期はもう軽くて軽くてもう少しさあ!何とかさあ!マクシムに言ってやってよ!!みたいになっていたんだけれど、中期くらいからタメを覚えて、新公後には本当に悔しそうに「信じられないか……」を言えるようになってほんっと進化がすごかった。仲良くやっていけると思っていた友に信じてもらえなくて傷付いて、悔しい気持ちを噛み殺しての「そりゃあ……そうだなぁ!」、見るたびに心が痛くて。

・ダントンを逮捕はしない、っていう時のマクシムの目の泳ぎ方が好き。逮捕しないことに色々理由を言うけれど、結局ダントンを信じたいってこの時点では思ってることが多かった。明らかに動揺しているし、この時点ではまだ戻れそうな気配すらあったのに。

・ダントンがマクシムに辞表手渡すシーンも、差し出された辞表を力なく受け取る日もあれば奪い取るようにする日もあったし、ダントンがマクシムの胸元に力強く押しつけるように辞表叩きつけてマクシムがそれをそのまま手で押さえるみたいな日もあった。個人的には中期の辞表をバッ!と奪い取るように取り上げるマクシムが激しくて好きでした。中期の苛烈マクシムの激しさ、今となっては貴重だったなって…。

・出て行くダントンを目で追って、一緒に出て行くものすごく悲しそうなデムーランに何かを言おうとするもなにも言えず「理想が無力だと…」ってなっちゃうマクシム、まっすぐすぎて悲しい。後期はここのマクシムもなんかなんとも言えない顔してたんだよねいつも。

・大劇版から随分と台詞が増えたル・バにより恐怖政治への導入違和感無くなっていて円盤見るとコレジャナイってなるんだけど、「恐怖は人を狂わせる!」って言ってるル・バの表情と、それを制すサンジュストと、一連のやりとりを聞いて恐怖なんてものに希望を見出してしまったマクシムのピコーン!って顔、どれも全て緊迫感も表情も素晴らしすぎて全部見たいし目が足りない。特にマクシムはその前のダントンとのやりとりで明らかに精神すり減ってる感じあったから余計に迫る感じがあった。


◆第11場A 恐怖政治

・恐怖政治の場面好きすぎてここほぼマクシム固定オペラだったのでマクシムの話ばかりします。まずお立ち台の上で「断罪である!」って腕を広げて空を仰ぐマクシム、下から見ても上から見ても下手から見ても上手から見てもセンターから見てもどの角度から見ても最強に完璧。あんな完璧な角度ある?望海さんもそんなことある?あんな完璧に美しい角度の望海風斗今後見られないかもしれないそのくらい美しかった。伝わらないと思うけど私にとってそのくらい完璧でした。

・♪光を遮る雲を断ち切る刃が 汚れなき理想の世界へ我ら導く

ここの転調がもうとにかく好きで、毎回血圧上げながら興奮してた。

・マイ初日と2回目までのマクシムはここほんっと姫マクシムで、私恐怖政治の姫マクシム大好きだったんだけども、自らが発した「恐怖政治」っていうものが正しいのか、この時点でまだものすごい迷いがあって、でもジャコサーの皆や民衆はもう完全に恐怖政治の熱に侵されていて革命の敵を探して捕まえて互いを疑って…という世界を作り始めてしまっていて、それを誰よりも高い場所で見ているマクシムの感情のグラデーション…革命を推し進めたい気持ち、こんなこと間違っているのでは?という迷い、これで革命は救われるという思い、それでも目の前で守りたかった民衆たちが互いを傷つけ始めている恐怖、そんな感情が次から次へと押し寄せてきていてそれはもうひどく萌え…あんな顔としか言えない顔してたんですけど。そこからの最初の連行対象への手振り(連れて行け!の合図)のあの顔が今思い出してもドキドキするくらい好きだったんですけども。

中期…1/20〜2/4くらいまでは比較的強いマクシムで、ここあまり迷いが…全くないわけではないけど少なくて。これでいい、これで革命は救われる、そういう顔してて、でもサンジュストと民衆の

♪革命歯向かう いのち断ち切る刃が

の辺りでやっぱり前期ほどではないにしてもあんな顔するんだよな。中期マクシムの恐怖政治、一回すごく…ずっと気が狂ってしまったかのように笑ってる日があって、あの日のマクシムは本当に怖かった。前期見てたマクシムとあれは全く違う人だった。お立ち台の上から民衆を「そこだ!」みたいに指さす振りのとこなんかも笑ってるんだよねずっと…壊れてしまったみたいで見ていて辛かったな。怖かったし。

後期のマクシムは前期と中期のハイブリッドで、確固たる意志と正気をもった上で恐怖政治を進める革命の指導者、でも自分がしていることを目の当たりにした時に揺らぎが見える…みたいな役作りでこれがね…これが最高だったんですよ…特に2/6ソワレ…。あんなに強そうに見えるのに、ふと優しい理想を追い求めるマクシムの顔に戻った時の、風に揺れる炎のようなあの不確かさ。見ててゾクゾクした最高の極みだった。千秋楽のマクシムも大変良かったんですけど、恐怖政治は2/6ソワレのマクシムが2/4,2/11についで記憶に残っています。不安定な揺らぎ系望海風斗最高。ありがとうございます恐怖政治に感謝しかない。

・民衆を結局大して見られなかったんですけど、この場面で女性革命家の面々が「革命の敵」を探して突き出すのを見てつらい気持ちになった…彼女たちもまた自由のために革命を望み、革命に飲み込まれた一市民だという事実重すぎない…?オランプがね、迷うような顔した時があったんだよ。何が正しいかなんて熱に侵されているその瞬間に正しく判断できる人間なんて多くないもんね…悲しいよね…

・マクシムのためならこの手がどんなに汚れようと構わないサンジュストが本領発揮てるこのシーン、すごい冷たい目をして民衆追い詰めると思えば

♪あの人が 我ら導く

って歌ってる時のあのキラッキラの瞳よ!!!あなたの後ろでお立ち台の上のマクシムはものすごい苦悩だか混乱だから恐怖だかわかんない顔してるのに!!!サンジュスト本当に怖い、それを演じている朝美絢の底力がヤバい。

・2階席のセンター若しくはセンター寄りから見ると、お立ち台の上に立っているマクシムの影が後ろの壁に綺麗に照らされて写っているのが見えて、それも(鳥籠の照明とはまた別に)マクシム(の影)が囚われているように見えて好きだった。光の効果もすごい大きい赤みがかった本舞台の照明の中で後ろの壁のマクシムの影は真っ白なピンスポに抜かれて写ってるのよね…。

・これは千秋楽後にツイッターで知ったんだけど、マクシムのお立ち台の手すりのところにハゲた跡がある(爪痕がある)っていうのを、千秋楽のスカステニュースで見たら本当にマクシムがいつも握りしめている場所がハゲハゲになっていて、あのナンバーすごいマクシムとして望海さん生き抜いていたんだな、あんな手すりがハゲるほど爪を立てて握りしめて毎日あのナンバーを歌ってたんだなって思うと心の痛さがすごい。


◆第11場B ロベスピエールの執務室

・恐怖政治のナンバーが決まった後お立ち台にもたれかかってるマクシムのところにマリーアンヌがきた瞬間のマクシムの反応も、単純に嬉しそうな時もあれば、少し戸惑いというか…こんな自分を見られたくないのかな?みたいな日もあって、日替りマクシム奥が深い。中期は割と普通に嬉しそうな時多かったな。本当にもう少しで革命が達成されるって思って(思い込もうとして?)いたから、きっと彼女もそれを喜んでくれるはずだって思ってたマクシムの日が多かったから。

・初期のマリーアンヌはこの場面そんなに戸惑いの感情が上手に出しきれていなくて、だんだん良くなっていったんだけどやっぱり2/4以降は比べ物にならないほど良かったな…「こんなこと望んでいない」っていう戸惑いや悲しみが身体からちゃんと溢れ出るようになっていて。

・それに応えるように、サンジュストに「ジロンドの処刑についてですが」って切り出された時のマクシムも初期は割と普通に受けていたのに中期〜後期で「彼女の前でその話はちょっと待ってくれ」みたいな反応をよりわかりやすくするようになって、それでマリーアンヌの「処刑ですって?」がストンと腑に落ちやすくなった。

マリーアンヌの戸惑いを受けたマクシムに迷いが戻ってくるのもこの場面のいいところで、その後の葛藤と焦燥に綺麗に繋がるんだけども。

・2/4の時に「あなたの理想はもっと素朴で温かいもののはず」って、全身で泣きながら声を震わせてマクシムに訴えるマリーアンヌの言葉に、マクシムがあの八の字眉で哀しそうな顔しながら空を仰いで、いつもより間をあけて「多くの人民が…今も苦しんでいる」って言った時に、お互いの抱えてる苦しみがあまりに大きすぎて泣いた。なんで分かり合えなかったんだろうってものすごく思ってしまった。

・その後の「私を愛することはできないということか」「今のあなたを愛することはできない」も、後期は特に隔たりを大きく感じて(「今」で確かに2人の心が通じていることを突きつけられていた後期の方がここの断絶がより破壊力大きくてつらい)希望を見せてくれたマクシムを愛せないって告げるマリーアンヌも悲しいし、まだ戻れる段階だったのに自らその道を絶ってしまうマクシムも悲しい。こんな悲しいシーンある?って思いながら毎回見てたけど、これ以上に悲しい断絶シーンまだくるんだよ正気かよ望海風斗をどれだけ痛めつけたら気がすむんだよ生田先生(ありがとうございます)

・ここのシーンのサンジュストが、マクシム強火担どんどん拗らせてって、マリーアンヌを氷みたいな目で見るし、「今のあなたを愛することは出来ない」でハァ?みたいな顔してるし、マクシムが自分の信じる道を全うするだけだ!って去ってく時めっちゃマリーアンヌが追うのを妨害するしで強いですね…ライビュでもかなり抜かれていた…。ただここでサンジュストが一回「お引き取りを!」ってマリーアンヌを止めた時マリーアンヌがサンジュスト弾き飛ばしてマクシムに声をかけに行くのがめちゃくちゃ好きでしたね…前期はそこまででもなく押しのけてって感じだったけどラスト1週間なんかもう文字通りサンジュスト弾き飛ばしてマクシムのところに声かけに言ってたからね…その後のサンジュストの「けっ!なんだよこの女!」感も強くて好きでした…全方位愛されマクシムが一番強い。

・葛藤と焦燥というナンバーについて。好きすぎるのでこれもやはりたくさん色々書きます。今作で一番のナンバーになったと思う。

前期。大劇場版(円盤)ほどではないにしろここはマクシムとマリーアンヌが歌で殴り合うシーンだったと思う。大多数の観客(だいきほファン)が望んでいた、「トップコンビが歌で殴り合う」シーンがまさに前期の葛藤と焦燥だった。お互いの気持ちを、革命を進めたい思いを、間違った道に進もうとするマクシムを止めたい想いを、全力の歌唱に乗せて歌う。とても真っ当で正しいあの頃の「葛藤と焦燥」は、ストレートに声が届いて肌がビリビリ震える感じだったなあと思う。

中期。真彩ちゃんの声が出難くなってきた頃で、気にしなければ気にならない程度とは言えマリーアンヌが前期ほど全力で歌えなくなってきた。弱いところと強いところ、マイクに入る音声にメリハリ(と言うと聞こえはいいけど本人比で言ったらだいぶ不安定な歌唱だったと思う)がつくようになった。マリーアンヌが全力で歌えなくなるとマクシムだって全くのストレートで歌うわけにいかなくなって、お互い探っていた部分もあったと思う。まぁ知らなきゃ全然気にならない程度なんだけど(これは何度でもいう)。そしてマリーアンヌはオリジナルキーで歌えなくなって、キーを下げて歌うようになって。2/4、あの日の葛藤と焦燥が記録メディアに残らないのは本当に人類の損失だと思うんだけど。声が出ない、その中の人の苦しみと、マリーアンヌのマクシムに届けたい気持ちが届かない苦しみがピッタリとハマって、

♪愛した人を殺すなんて出来ないわ!!!!!

が魂の叫びだった。こんな事があるんだなって思うくらい、心に刺さってぶわっと込み上げるものがあったし、あの日のマクシムもマクシムで優しさの中に抑えきれない感情が溢れていて、

♪いつの日か 君と 生きよう

のパートが今までにない包容力というか…なんだろう形容しがたい何かだったし、

♪全てが終わるまで

の2人の歌声が劇場の天井にまで刺さるような、そんな感じだった。とにかく鳥肌がすごかった2/4。マリーアンヌは歌いながらボロボロに泣いていて、どれだけ苦しいだろうって。

そして後期。マリーアンヌの

♪愛と憎しみがこの身を引き裂く

とか、マクシムの

♪幸せの国で君と 2人で生きたいと 今も願い続けてる

とかに中期までとは比べ物にならない感情が乗ってこの歌もまた「今」と並ぶほどの愛の歌なんだなあと痛感した。

マリーアンヌのキーは結局前楽まで戻らず、それでもマクシムとの掛け合いはオリジナルキーでなくても全く問題なく。マリーアンヌが前期ほど声を出せなくても、不思議なことにマクシムも別にパワーを抑えているわけでもなく、誰かが言ってた事だけど「望海さんが真彩ちゃんの歌声を引き上げるように歌ってる」みたいなそんな感じで、トップコンビが歌が上手いとこういう…なるほどこういう…みたいなのを毎公演見せつけられてすごいものを見ていた。私たちはすごいものを毎公演見ていた(2度いう)スパーン!と肌に刺さる前期の歌唱は迫力はあったけど、後期はもう完全に心臓を直接掴んできていたし、2人の声が合わさる多幸感たるや何を見聞きしていたんだ私たちは。

そして千秋楽。マリーアンヌの

♪近付いたのは殺すためよ

が、「た↓め↓よ↓」じゃなく「た↑め↑よ↑」だった瞬間あっ原キーくる!ってなってもうだめだった。

♪愛した人を殺すなんて出来ないわ!!!!!!

2週間ぶり、ぶっつけ本番最後で最高の原曲キー絶唱でした…。そこをマリーアンヌが原キーで歌いきった後のマクシムも千秋楽まで解放できなかった全てを曲に乗せて応えていたし、一つの曲の完成を見た気がした。なんでこれを今すぐ円盤にして売らないんだTCAはポンコツか。

・2人の葛藤と焦燥に合わせて背後ではジロンド派の処刑が行われるのでぶっちゃけ画面三分割して欲しいし目が足りなくて困る場面過ぎるんだけど、ここのロラン夫人が最高オブ最高で、後ろ手に縛られて台車から降りて、処刑台に送られるのに兵隊たちには手を触れさせず凛として、自分の処刑を見ている民衆(観客)を強い瞳でじっと見つめて自ら処刑台に向かっていくその力強さたるや…あれは男役がやる女役だからこその強さだと思うし、肩や胸の動きで、表情は変わらないのにどんどん心拍数が上がって…処刑される恐怖を内包してるその様、彩凪翔の大勝利としか言いようがない。

ジロンド派の他のメンバーは台車から降ろされた時に逃げようとしたり、処刑台の上で力なく項垂れたり、そういう感じだったから尚更ロラン夫人の強さと美しさが眩しい。ロラン氏がロラン夫人をなんとも言えない顔で見ているのも好きだったな…。この作品には夫婦がたくさん出てくるけど、ロラン夫妻も(ロラン夫人には愛人がたくさんいたという設定はあれど)、夫は妻を愛していたんだろうなって思えて。

・葛藤と焦燥の音が終わるところでマクシムが手をあげる合図に合わせてサンジュストが処刑を下す合図をするんだけど、その時のサンジュストほんと意味わかんないくらいイイ笑顔してるんだよね。マジで死の大天使の名に恥じぬサンジュストっぷり。

大してマクシムは日によるけど迷いを内包してる日もそれなりにあった。2/8のマチネだったかな?バッとあげた腕がわずかに震えていて、うえぇ…ってなった。闇落ちしきらないままジロンド派の処刑の合図下してたと思うとしんどさがすごい。

・舞台転換とかの話を少し。「葛藤と焦燥」の、イントロ始まりでマリーアンヌが台詞言いはじめると同時に後ろの建物の中に入って行ったマクシムが、渡り廊下的な所を歩いてるところでマリーアンヌが歌っている間に盆が回って、マクシムが廊下の突き当たりの壁にもたれかかったところでちょうど正面に来て歌い継ぎ、マクシムが歌ってる間にマリーアンヌが建物の中を通って短剣を持って出てきて下手の壁のところに行く流れの動線があまりに滑らかで素晴らしく大好きで。その後のセットが下がってマリーアンヌ下手、マクシムセンターから上手で歌い継いでる間に奥から処刑されるジロンド派が運ばれてくるのもうほんと何度見ても一切の無駄がないのがすごい。

ひかりふる路の個人的に素晴らしいと思ってるところの一つに暗転がほとんどないってのがあって、奥の方の照明暗くして、舞台手前や花道、銀橋で色々やってる間に盆回したりセリ上げたり下げたりして場面転換してるからぶつ切り感がなくて、中でも女性革命家のシーンとこの葛藤と焦燥のシーンは本当に最高。生田大和の場面転換を信じろ、みたいになってた(何様か)だからこそ粛清シーンで暗転来る時の破壊力の大きさよ…最高。


◆第12場 ルノーの印刷所

・前の場面を引きずりまくって時には泣きながら、時には涙も出ないほどの絶望の表情を浮かべながらそれでも「私も手伝います」って言う気丈なマリーアンヌと、それを優しく受け止めるルノー(泣いている時には必ず涙を拭ってくれる)、マリーアンヌが新しい人生で新しい家族を得ていることがこんなに嬉しくて切ない場面ないよ…

・兵隊さんたちが乗り込んできた時に真っ先にリュシル、マリーアンヌ、ルノー夫人を庇うようにうごくデムーラン。小心者というキャラ付けだけど、彼は彼でとても頼れるところがあるって思えて好きだった。

ルノー反革命的な新聞を発行している罪で連れて行かれそうになった時にも「新聞を書いたのは僕だ!」って声を荒げたり、デムーランは本当に優しくて勇気のある人間なんだよなー…そしてデムーランに庇われるルノーもマイクが小さいながらも「違う(デムーランは悪くない)」って声を拾っていて、あの印刷所に関わる人間たちの優しさがすごく伝わる。細かいことだけど粛清=死に晒されてなお他人を庇うんだよねあの印刷所に関わる人たちみんな。凄いことだ。

・デムーランがルノーをかばった時に「お心当たりがあるのなら、言論を慎まれてはどうです?」って反革命リストを突きつけながら薄ら笑いを浮かべるサンジュストが本当に毎回怖くて、あんな優しい声で天使みたいな顔してるのに粛清を粛々とこなしているあの感じ、もはや人間ではない。

ルノーが連れて行かれる時にマリーアンヌが言う「お父様!」が、最初はあまり聞こえなくて、後半小声ながらも割としっかり聞こえるようになったのだけど、円盤では叫ぶように「お父様!」って入っててあそこも役作り変えたんだろうな。東京版の動揺の中で悲しみのこもった声で言う「お父様」が私は好きです。

・絶望に打ちひしがれる中で、リュシルがデムーランに「ジョルジュを呼びましょう」って言って、デムーランはきっともう来ないっていうけど背中を押すように「きっと来てくれる!」って言うリュシルが本当に好き。女は強いんだ…

・銀橋使ってのダントンへのお手紙ソング。歌詞の

♪月が空高く輝く夜も 凍てつく雪の夜でも 時を忘れ語った

の部分がマイ初日に見た時から雪から月を経てまた雪で去っていくコマちゃんへの生田先生からの最大限のラブレターみたいだなって思って毎回ウルウルしていた。

ここでデムーランの後ろをついていくリュシルが、祈るように手を組んでいるんだけど、千秋楽ライビュで綺麗な涙が流れていて…もうどうにもならない革命の渦の中で、分裂してしまった彼らの友情を取り戻すことが彼女にとっての光で、それを祈るようにしているリュシル、尊いしかない。

・下手花道からせり上がってくるダントンが持っているデムーランからの手紙が、至近距離で見た日に地味にくしゃくしゃなのに気がついて、何度も読み返してデムーランに対して「友を見捨てたりしない」って言ってるんだと思うとほんと涙出る。

・メインで友情ソング歌ってるダントン&デムーランに被せるマリーアンヌ&リュシルのコーラスのメロディライン美しすぎる。


◆第13場A ジャコバン・クラブ

・兄を訪ねてくるシャルロット、最初の方はとても綺麗なドレスを着ているのにこの場面ではサンキュロットと大差ない地味なドレスを着ていて、それだけでもう暗い気持ちになるし、ここでいつもフーシェとフレロンに絡まれてるんだけどフーシェとフレロンも後期にはどんどんねちっこくなっていってシャルロットの怯え方が凄かった。

・後ろのテーブルで飲んだり談笑したりしているジャコサーメンバー。

初期はポールとかりあんが、フーシェたちが「首切りにお忙しいからな!」って言って生首ごっこでシャルロット脅かす時に手で首を切るようなジェスチャーを2人でしながら笑っていたり、「あいつらまたやってるよー」みたいな反応したりしていたんだけど、後期はビョーとかも含めて後ろにいる全員でフーシェフレロンの首切りごっこのシーンで手を叩いたりして笑って持て囃してて、控えめに言って狂気度かなり増してたと思う。マクシムが来ると後ろのメンバーはすごい真顔に戻るのもまたマクシムには逆らえない感凄かったな…

・マクシムがきて「手を離すんだ!」って言った時にすかさずシャルロットの手を乱暴に引っ張って自分の背後に隠れさせるオーギュスタン、後期はここ好きで毎回見てしまっていた。あやなちゃん雪ではそれなりに大きいから妹守る包容力あってとても良い。

・リヨンで行なった処刑について「田舎ではそのくらいしか娯楽がない」って言い放つフーシェに「娯楽…!?」って言うマクシムのあの震え声とワナワナしてる感じ、こいつは何を言ってるんだ感すごくて自分も同じことしてるのに…つらい…

フーシェによるマクシムのスカート(燕尾)捲り、日によってねちっこい日もあればサラッとした日もあり、勢いよくバッ!とまくる日もあり、それに対してのマクシムの反応もやっぱ日によって様々で、何日だったか忘れたけど後期だったかな。ラスト1週間の何処かだったと思うけど、バッ!と勢いよく捲られたマクシムが体に電気流されたみたいに過剰反応して凄い勢いで振り払うように振り向いて怒りをあらわにしてた日があって、あの日はフーシェまじでシャレにならないなみたいな空気感だった。後ろの他のジャコサーメンバーも。凄かった。それをすかさず守るサンジュストとかル・バとか。そりゃフーシェだって「お姫様にはナイトがたくさん」って言うわ…。

・ダントンが登場してあからさまに狼狽えるマクシムと、それを見て「うわ…」みたいな顔してるサンジュストと、「なんかきたわー」みたいな半笑いというか面白い見世物だなみたいな顔して上手手前の椅子に座るフーシェの対比よ…ここのフーシェがほんっと毎回すごいいい顔してたんだけどちゃんとは残らないと思うともったいないお化けでる…。

・マクシムの「なぜ帰ってきた!」は「なぜ戻ってきた!」ではだめだったのかずっと考えている。結局マクシムのパーソナルスペースに入り込めていた数少ない人間の1人がダントンであったという事実がジャコバンクラブは「ダントンの帰る場所」というマクシムの認識だったのかなって思うと本当に苦しい。

・1/20〜1/27くらいのマクシムはスゴツヨだったので、ここでダントンとやりあう時もスゴツヨだったんだけど、

♪革命の道を邪魔立てすれば

の「か」の破裂音のようなマクシムの発する音が死ぬほど好きで、恐怖政治の「光を遮る」の「ひ」の音と並んで私の中でベストオブマクシムの発する音。特に良かったのが後期。後期の「か」の音最高オブ最高だった。

・ダントンの

♪やれるものならやってみろ 俺の命ならいくらでもくれてやる

に対してのマクシム、前期は比較的悲しさが大きくて、中期はなんでそんなこと言うんだ、という戸惑いと信じた友に分かってもらえない悲しさが同居していて、後期はまた悲しみが大きくなっていて、日々あの言い争いの中でマクシムの感情の幅がとてもあったと思っているんだけど、2/6ソワレの時にものすごい悲しそうな顔で

♪どうして 分からない

って歌っているのを目の当たりにして心底弱ったマクシムがやっぱり私は好きだなって思った。

・マクシムとダントンが言い争っている時、オーギュスタンの背中に隠れているシャルロットが彼の背中にしがみつきながら顔を背けて泣きそうな顔をしているのがいつも辛くて、彼女はガブリエルが息をひきとる場にいたくらいだからきっとダントンのことだって兄と同じくらい慕っていて、それであの状況は心が裂けるような思いだったろうなって毎回思った。

・マクシムとダントンが言い争ってる時、舞台中央奥のベンチに座っているポールは横顔がこっちに見えるように座ってるんだけど、毎回「見ちゃいけない」みたいな神妙な顔してるし、背中をこっちに向けて座っているフレロンは大体頭に片手乗せて背中しか見えなくても「あーあーもー面倒な感じだー」みたいな雰囲気出てるし、上手奥のテーブルのところにいるビョーとかかりあんは俯いたままだし、上手手前のイスに座ったままのフーシェは肩を「やれやれ」みたいに竦めて首を横に振ったりしていて、同じジャコサー仲間でも反応様々だなって。下手にいたうえんつとゆめくんはあんまり見るチャンス無かったな。安定の目が足りない。

・♪間違っているのはお前たち

マクシムに対するマリーアンヌの

♪違う!あなたよ

のキーが下がったのは…1/27からだったかな?私が見た中では。新公後だったよな。

マリーアンヌにマクシムがいう「こっちへ来るんだ」も中期は語気強めに「くるんだ!」な時が多かった気がするけど後期は語りかけるようにしっかり溜めて「…こっちへ、くるんだ」って感じの言い回しが多かった。もちろんマクシムの感情によるので食い気味の日もあった。マリーアンヌの「いやよ」も後期は悲しそうな拒絶の意思が大きかったかな。初期は「嫌よ!」感が強かった。だいぶ変わったなあ。

・ダントンの「腹が減った」は最初唐突だなぁと思っていたけど、1/20はタメるように腹が減ったぁ〜〜って伸ばしてて、あの辺からどんどん伝わりやすくなっていったかなと。千秋楽付近の「腹が減った」の言い回し、その後の「どうせ働き詰めでロクなもん食べてないんだろう?」への語りかけ的な繋がりがとても自然で、ダントンの成長著しいのがダントン邸前のこのシーンから分かって好きだった。

・「これは、俺と、お前の問題だ!外野はいらない」っていうダントンの、「俺と」の部分で親指で自分を指して「お前の」で手でマクシムを指すのが好きだったんだけど、気づいたら「俺と」の自分指しがなくなっていて、それはちょっと残念だった。でも「外野はいらない」で腕を広げてぐるっとするところはダントンが大きくて大胆なとこが出てて大好きだったし、外野呼ばわりされたジャコサーのみんなが「何だと!?」みたいに反応するのもバチバチでよかったな。

・2人でご飯を食べることにマクシムが同意した時のサンジュストの「えっ本当に!?」的な顔と、捌ける時の「チッ」ていう舌打ち、最初のうちは本当にチッて感じだったのに気付いたら唾吐いてるくらいの「ケッ!!」くらいの勢いになってきててあのやりすぎ感サンジュスト大好き。

・マクシムとナイトたちが舞台上手にはけていく時に舞台後方が暗くなって盆が回って転換になるんだけど、その時いつも上手のフーシェのいるテーブルにジャコサーメンバー(マクシム反対派)が集まって小芝居しているのが好きだった。

前の場面で腕を掴まれたフーシェが腕が痛いよ!みたいなのしてたらポールが「いやそんな痛くないっしょ?」みたいに腕掴んで「痛い痛い!」みたいになってたのを見たのが一番最初だったんだけど。

他にもフーシェに向かってポールがスカートめくりみたいなジェスチャーした後にフーシェ指差して、それに対してフーシェが肩をすくめて「別に」みたいな反応してたらビョーとかフレロンもスカートめくりジェスチャーしててあれきっと多分「お前流石にあれはやりすぎだって」「そうかなぁ」みたいな感じだった…そういう日もあった。

あとフーシェの周りに酒持って集まってフーシェの肩をみんながポンポンしてる日もあったし、一番衝撃だったのはフーシェにポールがキスしそうなくらい顔近づけてなんか話してて、それを受けたフーシェ笑ってて、その後フレロンとビョーもフーシェにキス距離で近付いてみんなでヒソヒソ?みたいな日があって、何その近さ!?みたいになった…あの場面暗いし盆回っちゃうから最後まで見届けるのは難しいシーンだったけど大好きだったな。

公演中フーシェのまなはるが誕生日だった日はビョーの叶ゆうりが誕生日おめでとう!って乾杯しにいってポールとフレロンもそれに続いてフーシェが喜んでたってのもあったみたいで、雪組のそういうとこ好き。

・そんでそんな後ろの盆回りもガン見してるんですけど、前の方ではダントンたちがメインの芝居してる…(目が足りない)前期はここのダントン軽くて、マクシムたちがいなくなった後のため息も軽くて、その後のダントン邸のシーンへの繋ぎとしてもそこまで深刻な感じはしなかったのだけど、後期は深刻だったな…張り詰めた空気がマクシムたちが去った後一気に緩んで、でも気は全く抜けない感じがよく出てた。デムーランが言う「フランスの存亡がかかってる」はまさにその通りで、ここのデムーランの悲痛な声は最初から最後まで本当に良かったんだけど、それを受けるダントンの良さがどんどん上がってなぁ…

「喧嘩っ早いが喧嘩は嫌い」なダントンが「これは俺とマクシムの問題で本質は喧嘩」って言うの脚本が出来すぎている好き。

・その男たちのやりとりを見てるマリーアンヌとリュシル、不安に押しつぶされそうな顔をしてるマリーアンヌの肩をリュシルが指でそっと撫でているの最高オブ最高。最高が詰まりすぎてて意味がわからない。みちるちゃんのお芝居が大好き。

・そしてマクシムとの最終決戦に向かうダントンのあの…デムーランたちに明るく「ちょっとマクシム説得してくるよ」みたいな顔して3人をはけさせた後に見せる神妙な顔よ…ほんっとに…回数重ねるごとにあの場面のダントンの気持ち考えるほど胸が張り裂けそうだった。


◆第13場B ダントン邸の一室

・執事役のゆめくんの落ち着いた声と佇まいが大好き。1/27?だったかな?声のトーンがえらく変わっていた日があって、喉辛いのかな?と心配したけどその後は元に戻っていたのでちょっと変えてみたりとかしていたのかな?

・マクシムくるまで落ち着かないように飲み物のデキャンタを並べ直したりしているダントンがなんか切なかった。

・時計の時報が鳴ると同時にやってくるマクシム、真面目が過ぎて普通に望海風斗だなっていつも思ってた遅刻とかしなさそうさ加減がすごい。

・椅子の座り方もすごく個性が出ていて、マクシムは燕尾を尻に敷かないようにスカート広げて座るみたいにちゃんと座るんだけどダントンはそのままどかっと座るんだよね。マクシムが燕尾を気にしないで椅子に座ったシーンってダントンが裏切ってるってサンジュストたちに告げられて証拠が広がってる卓のところに行ったときだけだと思うんだけど、ダントンは椅子に座るときはいつもそのままドカッと座ってたからほんと性格…ってなる。

・「お前に人生の喜びを思い出してもらおうと思って用意させたんだ」ってダントンがローストビーフの盛合せをマクシムの顔の前に差し出すときのマクシム、「人生の喜び…」って言いながらめちゃくちゃ嫌そうな顔するんだけど、グラフであのシーン本当に嫌って望海さんが言ってるの読んで申し訳ないけど少し笑ってしまった。でも本当に心底嫌そうにいうんだもんな…

・あの場面でテーブルに並んでいる料理、ローストビーフの盛合せ、ムール貝か何か、チキンもしくはターキーレッグの盛合せみたいなラインナップなのでロクなもの食べてないってわかりきってる人間の目の前に並べるにはダントンそれちょっとどうかなっていつも思ってた…スープとかサラダも用意しよう…?(女子かよ)

・マクシムに飲み物を勧めるダントン、わざとらしく「確かお前は白ワインが好きだった」っていうんだけど、「確かお前は〜…白ワイン、が好きだった」って溜めて言えるようになってからこのシーン信じられないくらい進化してきた。最初のダントンはタメが出来ない子だったから、タメが出来るようになってから場面の深みが雲泥の差。マクシムに白ワイン断られてからの「はーん………白は王党派の色だ、とか言われてるからか」の言い方も…ここは2/6の言い方がベストだったかな。わざとらしくちょっと棒気味というか。そういうダントンがマクシムの感情を揺さぶって行く過程見事だった。

・気にするなってダントンがマクシムのグラスに白ワインを注ごうとした時、マクシムがバッ!て手でグラスに蓋をしていう「結構だ!」も、勢いあり過ぎてグラス倒しそうな時なんかもあった。「飲みたければ1人で飲みたまえ」の声が震えている時なんかはダントンに引き出されてる"マクシム"だなあと思いながら見ていた。

・ダントンの「人はこの喜びのために生きてるんだ」を聞いたマクシムがうつむき気味からキッと顔を上げていう「要件はなんだ」、中期はお前のペースには飲まれない、っていう意思が割と強かったと思う。ここの顔を上げた横顔にかかる前髪が天才で大好きだった。

・「ジロンド派の連中もこうやって篭絡したのか!」と笑うマクシムに対するダントンがどんどん深化していって。

1/13の公演で少しタメを覚えたダントンが真顔でマクシムを見つめる間があって、最初笑いながらダントンを見てたマクシムがどんどん真顔になっていって、ダントンが一皿目を勢いよくガッシャーン!した時にバッ!と耳を塞いだのね。それがマクシムの耳塞ぎ初見だったんだけど、その後皿を落とすたびにビクッ!ビクッ!てしていて神経質さがすごく出てて。

ダントンの皿落としシーンは日を追うごとに変化が激しくて、1/20は強めマクシムだったので耳は触る程度、目を背けてそこまでビクッとはしない感じ。1/27も強めだったかな?27ソワレの方だっけ、確か頭抱えそうなくらい強がってはいるけど心が折れそうな顔のマクシムだったのは。

2/4は神回。一皿目で耳触り、皿を落とされるたびに神経質に反応して何日も寝てない人みたいな…伝わりづらいけど手負いの獣マクシム。ダントンの皿の落とし方も一皿一皿、見せつけるように落としてて。今思い出しただけでも泣けてきそう、もう一度2/4のダントン邸見たい…。

2/6は吹けば消えそうな揺らぎマクシム、ダントンの一皿目の落とし方がスピード重視のガッシャーン!だったのは覚えてる。そのあとやっぱ見せつけるように、マクシムを真っ直ぐ見つめながら一皿一皿落とすダントン、俯きながら耳触って伏し目がちにでも目が泳いでるマクシム。

2/8はマチネは耳触りなしで俯きながらビクビクマクシム、ソワレは過去最高に見せつけ皿落としダントンでマクシムも背中丸める感じで俯きつつ、本当にゆっくりゆっくり確かめるようにダントンが皿を落として行くものだからマクシムもその度に耳触りつつビクッ!ビクッ!て小さく反応してて。

2/10は…あんまり記憶が…ない…

2/11マチネは見つめあったまま目が反らせない2人が、ダントンが一皿目を落とした瞬間にマクシムがバッ!と顔を伏せて神経質に耳触ってたのは覚えてる。千秋楽はもう今までの集大成で良かったところ全部詰め込んでたこのシーン。

ダントンのお皿落としチャレンジも本当に進化したよ…ちまちまメモしてあったのをこうしてまとめて思い出すだけで込み上げてくるわ。

・「話だけをしよう」っていうダントンにマクシムが「何を話すことがある」っていうところも、初期の「話だけをしよう」は本当に軽かったな。円盤見ても軽いもんな。1/13にここの言い回しが少しゆっくりになった。中期はタメつつ、でもマクシムも強かったから語気強めだったかな。後期がね…後期のダントンの「話だけを、しよう」ってゆーっくり言うのと、そう言うダントンを見つめるマクシムも中期は睨むような顔つきの日が多かったけど後期は泣きそうな、何かちょっとしたきっかけで決意が揺らいでダントンにほだされてしまいそうな、決壊してしまいそうな顔をしていることが多かった。そこから自分の気持ちを奮い立たせるかのようにまくし立てて「何を話すことがある!」だったから痛々しさがすごい。その後のやり取りも、後期のマクシムはずっと決壊寸前の顔してたよな。あの顔大好きだった。

・「不幸な人民が1人でもいる限り、私は自分の喜びなどどうでもいい」と言い放つマクシムにダントンが手を叩いて笑いながら言う「ご立派だ。そして実にくだらない!」が好きだった。棒読み気味でマクシム煽ってるように言ってた「ご立派だー」が一番好きだったな。完全にマクシムカチーン!ってくるやつだったよあれは…

・徳を語るダントンに「私を侮辱するのか!徳を冒涜するのか!」って憤るマクシム、机をバンバン叩くようになったのは私が見た中では確か1/20。グラスがピョンピョン跳ねるほど机を叩いて、机に突っ伏したその腕が、肩が、身体が震えているマクシムを毎回見るのが好きだったし、一緒に机を叩いて「冗談だ!!」した後に「…………いや、冗談でもないか。」するダントンも大好きだった。

2/6ソワレのマクシムは全身で震えていて今にも壊れそうで抱きしめてあげたくて、ダントンもきっとそう言う気持ちだったろうと思えてたまらなかった。

結局あの机叩きでワイングラスが倒れたのを見たのは2/10のソワレ一回きりだったけど、いつ見てもよく倒れないなー落ちないなーと思っていたから一度でも倒れるところを見られて良かったと思う。マクシムの強い想いの証なんだよなあの机叩き。友人と分かり合えないことへの爆発がすごくて。

・「無理することはない」からのマクシム説得&抱擁チャレンジダントン、大劇円盤は20%くらいの成功率だし東京前期は30〜40%くらいの成功率だったけど、中期くらいから50〜60%くらいの成功率になって後期にはもう一気に80〜95%くらいの成功率でしたね。前楽と千秋楽なんかなんでマクシム説得されないの?99%説得成功してんじゃん!ってくらいだった。

抱きしめる直前で空を切るダントンの腕が悲しい…東京後期はダントンが抱擁チャレンジしたあとに腕でちゃんとマクシムがいたところを抱きしめてることが割と多くて、そこに抱きしめられなかった友の喪失大きすぎるよほんとつらい。

2/10〜2/11なんてあと一瞬早ければ掴めたくらいのギリギリさでマクシムが机蹴る勢いで抱擁チャレンジから逃れてて。しかもあんな顔で。抱きしめられて仕舞えば楽になれたのになあ…悲しいなあ…

千秋楽は抱擁チャレンジから逃れるマクシムの瞳から涙が一粒溢れていて本当に貴重なものを見たよ…前楽も目のところいつもよりキラキラしてたから涙目すごいなって思ってたけど溢れてはいなかったはずなので。

・前楽のダントン邸は2人とも全体的に熱が入りすぎてセリフに詰まることが多々あって苦しかった。お互いと、革命を、こんなに思っているのに決定的に分かり合えない。こんな苦しいことがあるだろうかって思いながら泣いた。千秋楽はそれ以上だったけれど。


◆第14場 ダントンの粛清

・「私と共に、戦う気はないんだな」っていうマクシムにダントンが背を向けたまま言う「それだけはできないな」も噛みしめるように「それだけはー…できないなぁ…」って感じの言い回ししてる日が個人的に最高だった。中期〜後期始め(2/4くらいまで)のマクシムは疑問系じゃなくて断定系で「戦う気はないんだな」って言ってたから、もう完全に訊くまでもなく決別していて辛かったな。後期はちょっと疑問系とまでは行かずとも問いかける気持ちが残ってるみたいな雰囲気戻ってきてたけど「戦う気は…ないんだな…」みたいな。

ダントンもそれを受けてできないってはっきり言ってしまうから、その後のマクシムの「そうか」もつらい。声が震えてて。

マクシムのお衣装、袖にフリルついてて若干萌え袖気味なので手を握りしめて「そうか」してるときにフリルが震えるんだよね…萌えるけどそんなに我慢して友と決別してるの辛すぎない?

・マクシム出て行った後振り返るダントンの目に涙を見たのは2/8ソワレ、2/11マチソワ。特に千秋楽が素晴らしかった。

♪友よ 君といつの日か共に 笑い合える日が来ると 僕は信じて 君の…

デムーランと共に歌った曲を、マクシムが去った部屋で、マクシムとともに交わすはずだったワイングラスを並べてワインを注いで歌うこのダントンの…みんな仲良く飲んで食えたらそれで良かったのに…ってどうしても思ってしまうし、ここでダントンが寂しげに笑顔でいるものだから余計に悲しくて、それで最後まで歌う前にサンジュスト来るし

・「反革命の容疑で逮捕する!」のサンジュスト、初期はそこまででもなかったのに中期後期…特に後期だな。めちゃくちゃいい笑顔で逮捕状持って来てて、いやこれ完全に速さから言ってマクシムと一緒にダントン邸来て外で待機してたし、塞ぎながら首を振るマクシムとか見て意気揚々と踏み込んで来たよ!感出てて最高だったし、ダントンが命乞いするでもなく堂々と「良いぜ。行こうじゃないか!」するもんだからすごく怪訝な顔するのね。そこも良かった。

サンジュストはダントンが嫌いで、ダントンのことを見くびっていたというかこの状況でもこれだけ強い人間だってこと、本当にマクシムのためになら自分の命をいくらでもくれてやれる人間だってことを理解してなかったんだって思えてあーさサンジュスト(特に後期)本当に良かった。

・ダントンの腕を縛り上げるアンリオくん力強くてイイね!!ダントンも思わず振り返って睨んじゃうよね!!

・処刑場にデムーランとリュシルがいるのを目の当たりにしたダントンが、そこまで気丈だったのに唯一苦しそうな顔して「済まないな…」って言うの苦しいの極み。でもデムーランも「君のせいじゃない」って返すから友情尊み…。

千秋楽で目に涙をためて声を震わせながらデムーランとリュシルに説得失敗を詫びるダントンが辛くて辛くて、そこからの無音の「大胆に行こうぜ」は…忘れたくないなあ…。黒い涙を一筋流して笑うダントンの「adieu mon amie!」の格好良さ、尋常じゃなかった。

・どこかで見ているかもしれないマクシムに向かって「お前もすぐに俺の後を追って来るんだ」と叫ぶダントンをすごい顔で見てるサンジュストもまた良くて、自ら断頭台に登る前にダントンがサンジュストを見るんだけどその時のサンジュストが心をめちゃくちゃかき乱されている顔をしていて、処刑を指示する「やれ!」の声も後期は切羽詰まっていて、それだけダントンの存在の大きさがすごい。

・ダントンの粛清が済んだ後、初期〜中期のサンジュストはただひたすら「やったぞ!」って、ほんとに目の上のたんこぶをやっつけたみたいな感じだったのに、後期になって迷いが生まれたんだよね。本当に良かったのか、みたいな。あの一瞬の表情好きだったなぁ…ピンスポでサンジュストだけ抜かれるシーンだから安心してそこだけ見られるの最高だった。


◆第15場 至高の存在の祭典

・ダントンたちの処刑は滞りなく、って告げるサンジュストに対するマクシムの「そうか…」っていう相槌、初見の時から無だなって思っていたんだけど、時たま自嘲するような顔のままの時もあれば消え入りそうな声で「そうか…」って言う時もあり、「そう、か…」みたいにため気味の時もあり、マクシムも日によって感情の波があったけど、新公後…1/27かな?の時は新公マクシムに感化されたのか本当に消えそうな「そうか」で珍しいなあと思ったし、千秋楽近くはマジで力無い、完全に空っぽになってしまったような「そうか」で、その頃になるとサンジュストが明らかにマクシムの反応に困ったような、というか、首傾げて真顔気味で「もしかして私は大変な間違いを犯したのでは」みたいな顔するようになって(2/8くらいからだったかな)、本当に打てば響くやつだよサンジュストはさあ!!!!!

・ル・バがマリーアンヌを取り逃がした、とマクシムに告げた時、中期は本当に飛びつくようにというか…凄い勢いで「彼女はどこに!?」って時が多かったと記憶しているんだけど、後期は空っぽになってしまったマクシムの唯一の希望であるマリーアンヌに縋るように「彼女はどこに…!」してて、中期の必死さより後期の彼女を求める切実さが胸に痛かったな…。

1/27に初めて見た、「行方はわかりません」からの「そうか…」で祈るように手を組んだ動き、その後の公演はずっとやってて、単純に気持ちのやり場がなく手を組むみたいな日もあれば1/27みたいに祈りがこもってる日もあり。

・後期サンジュストの私は大変なことやらかしたのでは…顔からの「次は何を」の笑顔、理想のマクシムを得るための問いだし、それ聞かれたマクシムの「何をすれば良いのだ?」が軽くホラーだよ…もう革命の理念も理想もへったくれもなくなってる、あんな空っぽな顔で空っぽな声で友人まで手にかけた人間が発する「何をしたら良いのだ?」怖すぎるよ。

・そこから畳み掛けるようにダヴィッドが「無知蒙昧な民衆を再教育するための祭り」だよ。最悪だよ。でもここで祭りの杖貰って「まつり?」って訊き返すマクシムの弱り方は完全にストライクでしたありがとうございます。ひらがなにしか聞こえないマクシムの「まつり?」疑問系じゃない時の「まつり…」って感じの時よりは「まつり?」って感じの時の方が好きでした。

・至高の存在の祭典でギリシャ・ローマ調の衣装に身を包んで出てくる民衆の殆どがかつて粛清されたメンバーという輪廻演出怖すぎるし、平和の象徴みたいな壁画がくるんと回って斜めの光の線になるところの演出だけで飯が何杯でも食べられるほんっと大好き生田先生の演出最高。民衆の中のまちくんとおーじくんが張り付いた笑顔で特に好きだった。

・祭典シーンの不協和音のメインテーマ「ひかりふる路」何回見てもゾワゾワしてしまったし、首斬られた人が大半を占めている民衆に

♪夜明けの空を赤く染める

って歌わせるの趣味悪くて最高(褒めている)

サンジュストがお立ち台に登るマクシムを讃えながら言う「我々を至高の存在へと導く言葉を聞こう、革命の指導者、マクシミリアン・ロベスピエール!」っていうのの気持ち悪さ、最初にルイ16世を処刑した時に「我々の上に王はもういらない」って言い放ったサンジュストがマクシムを神の如く讃えているダブスタの気持ち悪さと、一番最初にマクシムがせり上がってくる時にダントンが言った「革命を新しい時代へと導いてきた同志、マクシミリアン・ロベスピエールの言葉を!」と言葉がほぼ同じだからって公演途中から気が付いて、本当に気持ち悪いなって…見るたびに…あんなに眩い光が降り注いでいた革命を今照らしてる光はギロチンを意味する斜めの光なんだよ気持ち悪すぎる生田先生最高(褒めてる)

・お立ち台マクシムにダントン(の幻影)がいう「傑作だマクシム!」のところの雷落ちたような音響とエコーかかりまくって現実か幻想か区別付きづらいとこ好き。

・あそこのマクシム、雷みたいな音が聞こえると同時に表情が変わる(それまで一応笑顔みあるのに真顔になる)し、ダントンの声が聞こえると同時にめちゃくちゃ動揺して「サンジュスト!」だし、一方そのサンジュストはマクシムが真顔になった段階で(ダントンが声を出す前の段階で)民衆の方パッ!と見てるんだよね凄すぎない?マクシムのすごい微々たる変化にも即座に反応してるからいつもすごいと思っていた。ほぼ同時だもの、マクシムの「サンジュスト!」からのサンジュストの「その男を捕らえろ!」超レスポンス速い。実際ダントンが生きてるわけではないのであの声はマクシムにしか聞こえていないはずなのにね…

・捕らえられた男の仮面を取ったらダントンで、めちゃくちゃ動揺してサンジュストを呼ぶマクシムの姫度がすごい…このシーンの「サンジュスト!!処刑したのではなかったのか!?…サンジュスト…!?」の2回目のサンジュストの不安げな呼び方最高でした。最高でした…!!

・「粛清されるのはお前の方だ!」からの翻弄マクシム、弱り切ってるし、ここのシーンのリュシルが張り付いたような冷たい顔…微妙に口元笑顔なんだけど全然笑ってないというかあの絶妙なみちるちゃんの表情めちゃくちゃ怖くて大好きだった。

・後ろからスススーーッと出てきてセンターにいるデムーランの後ろに板付するマリーアンヌ、後ろから出て来るときは大体いつも悲しそうな顔してるんだけど板付してスポット当たる直前に菩薩のような顔をするのね。2階からだと特に見やすくて良かったんだけれど、あの優しげな顔もこれから行う行為への覚悟を考えると胸が張り裂けそうだった毎回。

・マクシムの「無事でよかった…!」が回を追うごとに切実さを増していって、後期なんてもう本当にマリーアンヌがいなかったらこの人今すぐ壊れちゃうんじゃないかなっていうくらい脆くて。

・抱きしめられたマリーアンヌも菩薩顔のまま一瞬、それでカッと目を開いてからの二刀流でマクシム襲うところの…初期はそうでもなかったんだけど中期くらいからどんどん込み上げて来る気持ちを抑えきれなくなってきてて、後期は辛そうな顔してる日もそこそこ多くて。辛かったな。

・マリーアンヌがマクシムを組み伏せて短剣を振り上げてめちゃくちゃ泣きそうな顔してる日があって、もうこっちまでしんどみがすごい。何を見せられているんだみたいな気持ち。2/4だったはず泣きそうな顔で短剣振りかぶるマリーアンヌ。あの日の彼女は特にセンシティブ。2/6の時に刺せなくて短剣落とした後の「出来ない…」がマイクに入ってたんだよね…あの日はボロボロ泣いていたはず。こっちが胸にナイフ刺された気分だったよ…

・マリーアンヌが取り押さえられた後サンジュストがマリーアンヌは貴族であなたを付け狙っていた、って言って連れてけするところ、2/8くらいからマクシムがずっと首をふるふる振りながら「ダメだ、やめろ」って小声で呟くのがマイクに入るようになって、そこからの爆発したような「やめろ!彼女をどこへ連れて行く!!」の必死さがもう見てらんない最高(有難うございます)

・2/4だか2/6くらいからマリーアンヌを連れていかれて取り乱すマクシムに対してサンジュストが呼びかける「マクシム!!」がマイクに入るようになってて、マクシムが取り乱しまくってるのを見るな!散れ!って民衆にしてるとこと合わせて臨場感マシマシで良かったな…どういう判断で今まで聞こえなかった台詞がちゃんと聞こえるようになっていったのか分かんないけど、ああいう判断本当にGJ!

・「全てを失って」のところのマクシムの情けなさMAXなところが初期からずっと大好きで、下手舞台袖近くにあのトンチキな衣装のまま客席にお尻向けて丸まってうわぁーーーー!!!って泣いている姿にめちゃくちゃ萌えていたんですけど、新公であやなマクシムが客席に頭向けてたから新公後しばらくは客席にお尻向けてくれなくて残念な気持ちだった。千秋楽付近はだいぶ元に戻っていたけど、初日付近の尻向けアングルが一番情けなくて好きだったな…。完全に好みの問題なのでかっこいい望海さんが好きな人はあのシーン嫌だったのかもしれない。

・「全てを失って」の

♪信じた友を殺し 愛した人もいない 世界で私はどこにも行けない

辺りの歌声が凄く好きだった。

特にいないの最初の「い」と、どこにもの「こ」と行けないの「い」

あと望海さん結局千秋楽ライビュまで明確に泣いてるってわかる日ってなかったと思うんだけど、ここはいつ聞いてもめちゃくちゃ泣いてる声で歌っていて毎回すごいなあ…ステータスを歌に全振りしてるとしか思えない表現力の奥行きやべえなぁ…と思いながら聞いていた。あんな声で不調の真彩ちゃんをカバーしながら公演期間ずっと歌自体の圧が弱まらなかったの意味がわからないどういう喉してるんだろうあの人。

・「粛清されなくてはならない者がいる…」の力なさ萌えてくれと言われている気しかしなかった。ラスト1週間は特にそこのところの力無さが尋常じゃなくて完全に抜け殻マクシム…千秋楽は更に空っぽだったなあ…。


◆第16場A 熱月

・「粛清されなくてはならないものがいる」からのフーシェの「決まっているだろう!俺のことだ!奴は俺のことを嫌っている!!」がどんどんひどくなって行って、最初見たときには嫌われてる自覚あるんやねwみたいな感じだったけど後期の狼狽え方ときたら隣にいてしがみつかれるポールも「落ち着けよ」っておもわず言っちゃうレベルなんだからおかしい(落ち着けよって言ってたのは1/20)

タレーラン殿下がマクシムを告発しろ、「罪状などどうでもよかろう」って言った後にビョーが「それではクーデターだ!」って言うところ、ビョーの中の人叶ゆうりが冒頭ルイ16世役でまさにクーデター同然にどうでもいい罪状(国王であることこそが罪)で処刑されてるのにそこで叶ゆうりにそのセリフわざわざ言わせている生田くんの拘りすごく感じる。趣味が悪い(褒めている)

・行こう!ってなった時のフーシェの怯えと俺はやってやるぞ!が入り混じった表情好き。


◆第16場B 熱月

・♪1974年テルミドール9日の議会が始まる

のアンサンブル、前期と後期でもう完全に別物。熱量も、厚さも。後半は本当に怖かったものここのアンサンブル。

・弱り切ったマクシムの「発言を、求める」の横顔前髪のハラリ具合含めて芸術的で最高だった。それを断られた時の「どうして…」って顔も好きだったし、まあ総じて顔が好き。

・議長が発言を却下したあとの民衆の

♪暴君を打倒しろ 人殺しを許すな

で上手側議席にいるマクシム派一同が「えっ!?」って明らかびっくりしてて、サンジュストは民衆の方を見回しながら信じられないみたいな顔してるし、ル・バは泣きそうな?なんか本当に狼狽えてるとしか言えない顔してるし、オーギュスタンは兄さん気遣ってるしみんな芸が細かい。

・ビョーに「殺したやつらの血が喉に詰まってるんじゃないか?」って冗談混じりみたいな感じで言われた時のマクシムのああって感じの表情も、民衆が笑ったりしてる中そのままマクシム派のみんなのところに行ってサンジュストに「大丈夫です」されてるところも、サンジュストが懸命に励ましてくれているのにあんな顔して首を横に振ってるところも、全部愛おしく感じるよなマクシム…絶頂から転がり落ちて完全にもう無理って悟ってる人間の顔だもんな。

・下手議員席にいる100期3人組がやっぱりこのシーンでもお互い細かく演技をしていて、ゆめくんのクールな感じが特に好きだったな。3人であーでもないこーでもないしてたり、マクシム派の方指さしてみたり色々やってた。あんまりちゃんとみられなかったからああ言うとこも円盤に入って欲しかった…

フーシェの「粛清しなければならないものとは誰を指しての発言か!」の時のフルマラソン走ってきたの?みたいな息の上がり方興奮しすぎでしょっていつも思ってたんだけど自分が殺されるかもしれないと思いながらそれ相手に訊いちゃうんだからああなるよな…実際相手はめちゃくちゃ首切ってきてるしな。

フーシェにそれ訊かれた時のマクシム、「はっ」とした顔の後になんとも言えない顔するんだけど、その顔見たサンジュストもちょっと…何だろう。不安?心配?マクシムを気遣うような、でも大丈夫ですか?みたいなそう言う顔をしてマクシムの背中に手を置いてマクシムを発言台にどうぞする、そこの一連の流れのマクシムとサンジュストの2人とても好きだった。

サンジュストはあの瞬間までもマクシムを一番に想っているし、でもマクシムの心はもう…最初から?サンジュストを見てないんだよね…悲しい場面でもあるなってサンジュスト目線だと。

・発言台に立ったマクシム、初期の頃は本当に追い詰められた顔して証言を始めていたと思うんだけど、中期は壊れてて薄ら笑いしてる時もそこそこあって、後期は思い詰めていたり薄ら笑いだったり感情の振り幅が本当に大きかったなぁと…あのシーンは発言してる途中に民衆の

♪暴君を打倒しろ 人殺しを許すな

が被ってきて「この恐怖政治の果てに…」辺りからマクシムのセリフがほとんど聞こえなくなる(アンサンブルにかき消されて)んだけど、アンサンブルが被ってきたときに目を瞑って、ときには詰まりながら誰が粛清されるべきか、言葉を選びながら話すマクシムが痛々しくて、そのあと

♪たどり着いた先に 君がいないのなら

からの歌詞がまたもっと痛々しくて、歌い始めたときに証言台を握りしめて、項垂れながら

♪1人生きる意味など 何も残されていない

って言う辺りが本当に最高の極み…

2/10のソワレだったかな…もう完全に糸が切れてしまったみたいな感じの「私は…私の死を望む」があまりに辛かった。マリーアンヌの愛は蜘蛛の糸だったんだよね…ってなった。

・マクシムが歌ってるとき周りがスローになるんだけどフーシェのスローモーションがマジ芸術の範疇で、あんな綺麗に生の舞台でスローモーションするタカラジェンヌ見たことないよ。

目が足りないのでちゃんと見られたのは数回だったんだけど、最初から最後まで同じ速度で、体を反らせて膝をつく直前の動きだから姿勢保つのも大変だろうにあのクオリティ。まなはるの筋力どうなってるんだ。

・マクシムの元に走り寄ろうとして憲兵を振り払うサンジュストのスローモーションもなかなか勢いがあって私は好きでした。どんだけマクシム好きなの?

・マクシムが「私は私の死を望む」する直前からサンジュストが首を傾げながらマクシムを見つめていて、それ言った後も意味がわからないって顔をしていて、本当にここのサンジュストの表情は最高!あんなに表情で語れるなんて!それでマクシムが告発されたら膝から崩れ落ちて何も理解できないって顔するんだよね…朝美絢こわい。素晴らしい。

・「私は私の死を望む」の時、中期以降はもうほぼずっとマクシム笑っていて。これで終わる、みたいなある意味安らかな表情。紗幕が降りて民衆に担ぎ上げられる時も薄っすら笑っていて、中期以降はこのシーンいつも悲しかったな…救いがそこにしかなかったことが。

・後方の紗幕の灯りが消えて舞台前方での反革命派のシーン、またビョーに「ロベスピエール達の処刑は明日」とかそういう台詞を言わせるんだよ輪廻かよ。マクシムの命を脅かす決定的な台詞を全部叶ゆうりに振ってる辺り絶対確信犯だよ一番最初に殺された人だもんな!!

フーシェの「あれは本当に…ロベスピエールだったのか?」「まるで別人だったじゃないか!」はとてもいいセリフで、ここまでマクシムとああいう絡み方させてきたフーシェに敢えてそれを言わせるとこかまた生田先生ェ…って感じ。

殺されそうであんなビビってたのにマクシムがあの状態になったら「あんなのロベスピエールじゃない」ってなってしまうところがなんか辛い。反対派ですらカリスマ性を失ってしまったロベスピエールに違和感を覚えてしまうなんて。


◆第17場 牢獄

・投獄されたマクシムがマリーアンヌに気付いて、「明日刑を受ける。…私が憎い、か。」って言うところ、初期は「私が憎いか?」って感じで、中期は「私が憎いか(断定)」って感じで、後期は「私が憎い、か(若干自嘲気味)」って感じだった後期の言い回しがダントツに好き。もちろん日によって違うけれども。

・それを受けて「えぇ…憎いわ…」って答えるマリーアンヌは声が出なくなってからの詰まった感じが本当に良かった。「私は家族を2度奪われたのよ!家族だけじゃない。私の…恋人まで」でマクシムが後ずさった日があって、この「私の恋人まで」の中にマクシムも含まれているのが本当に辛くて。マクシムも感じたんだろうな。貴方自身の革命に貴方自身を奪われてしまったというマリーアンヌの心の叫び。

・「初めから私を殺すつもりで」からのマクシムのマリーアンヌ問い詰めの時、中期以降のマリーアンヌはよくとても辛そうな顔をしてマクシムの問い詰めに返答をしてた。

・「滑稽なものだ…自分を殺そうとした女に恋をしたなんて!…教えてくれ、私と君の間に、真実と呼べるものが一つでもあったのか?」の時のマクシムの投げやり感、やり場のない怒りとか悲しみとかが強かった。言われたマリーアンヌが毎回(特に後期)本当に辛そうな顔をしていて、大体いつもこの辺りから泣いていることがとても多かったんだけど、「一つだけあるわ」「あなたを愛してしまったこと…」の時に流す涙が本当に大好きだった。千秋楽ライビュではよく見えたから余計…東京後期のマリーアンヌは、ここに至るまで、彼を殺せなかったことも含めてきっと牢獄の中でも何度も何度も自問自答して「愛してしまった」と自覚してしまっている1人の女だった。

円盤はセリフは同じでも全く愛してる感伝わってこないし、1人の女になれていないので全くラブストーリーに見えないのが難点。

「あなたを……愛してしまったこと……」って、愛してしまったの前にタメが入るようになってからの良さが尋常じゃなかった。そこから続く「愚かよね…」だから胸が痛い痛い。殺そうと近づいたのに殺すどころか愛してしまって、でも同じように殺したい気持ちもあって。

・マリーアンヌの告白を聞くマクシムが眉を下げてる表情好き。「愚かな女なの…」って項垂れるマリーアンヌを見て「愚かなのは私の方だ…!」って走り寄る姿も好き。

・「理想や願いなんてものに意味はなかった」「違う、それは違うわ」のシーンでバックに流れている曲があのポンヌフでマクシムが初めてマリーアンヌと心を通わせた「理想と願い」のシーンの曲なの最高としか言いようがない。あの曲に合わせて「もしも普通に巡り逢えていたら…」からのifルート会話、毎回2人とも鉄格子越しにそんな未来があったら、って希望に満ちた顔で話をして向かい合って見つめあった瞬間に音楽が途切れて真顔になった上で

「いいえ、きっと出会うことすらなかったわ」

「あぁ、お互いの存在すら知らずにいただろう」

宝塚にありがちないifルートでのハッピーエンド妄想すら公式が潰してくる神作品がコレだよ!!!!!!!!!!!(あの世で幸せに、とか違う人生だったら幸せに、とかそう言うのすら許さない生田大和の徹底的な構えに感謝)

あの向かい合った瞬間にお互いはっと我に返って「そんなことはありえないんだ」って気付く瞬間の表情が大好きだった。これ下手に座らないと2人の顔両方見られない優しくない仕様だったので、前期上手席が続いていた時は望海さんの顔が見られなくてどんな表情してるのか常に悶々としていた。「ないな」ってなったあと2人が寂しそうに微笑んで「出会うことすらなかった」「お互いを知らなかったろう」っていうところ好き。

・「それでも、もしも…」って言うマリーアンヌに釈放が告げられて、告げられたのを聞いていたマクシムが初期は普通に?喜んでいたのに中期くらいから祈るように手を組んで身体を折って笑いながら喜ぶようになっていって、どんどん喜び方が大きくなっていって、そこからの満面の笑みでの「それでいい、生きるんだマリーアンヌ!」、マクシムが子犬みたいに喜んでいて、それに対比するようにマリーアンヌは「でも…」「行けない…」とか言いながら(マイクに入ってる日もあったけど基本口がそう動いてるのを確認しただけです)泣いていて。ここの2人の感情のコントラストがあまりに美しくて、色で見えたらさぞかし綺麗だろうといつも思っていた。

「君に出会えたことに後悔はない。………ありがとう」の言い方、ありがとうのタメは千秋楽が至高すぎて。いろんなものに翻弄されて己すら見失っていたマクシミリアン=ロベスピエールがあそこでしっかり自分を取り戻してるんだよね「ありがとう」で。マリーアンヌも後期このシーンボロ泣きすぎだったし分かるよ…人間として死んでいくマクシムに生きろって言われるんだよ愛してるって自覚した人に…マリーアンヌ視点だとこの世の天国と地獄をまとめて口に突っ込まれてるみたいな場面だよ。

・「今」のリプライズ、マクシムの

♪さぁ もう一度見せて欲しいんだ ただ君の笑顔だけでいい 他に何もいらないと思える

が、2/4辺りからもうほんっとにどんどん優しくなっていって、こんな優しい声で世界一憎んでいて世界一愛する人に歌われるマリーアンヌ…2/4の歌い方が一番優しくて一番大きく包んでくれていたと今でも…思い出される…千秋楽も同じくらい優しくて大きかったな…

・♪もう離れることなどできない

のところで抱き合ってるんだけど、マクシム…というか望海さんの身体が内側からすごい反響してるのが視覚からでも分かって、あの音を抱き合いながら受け止める真彩ちゃんが正直めちゃくちゃ羨ましいと思いながらずっと見ていた。あんな楽器みたいな歌い方する人いる!?胸の辺りで明らかに音が響いてる歌い方してた。

真彩ちゃんの声が出づらくなってからはずっと、この場面も抱き合いながら、アイコンタクト取りながら、声の出し方、ブレスの入れ方、伸ばしのタイミング、望海さんがずっと真彩ちゃんに合わせてくださっていてただでさえ大変なのに感謝が止まらなかった…。

・初期はここら辺でマクシムがしゃがみすぎてマリーアンヌとの身長差がほとんどなく、「頼むから足と背筋をしっかり伸ばしてくれ頼む…!」ってずーっとなっていたんだけど、後期だいぶマシになりましたね…何故かマクシムまで膝折する(パンツの横の赤い縦ラインが抱きつく時とかに曲がってる)のは結局千秋楽まで完璧には直らなかったけど、抱きつく時の猫背気味なのは後期本当にマシになったので…身長差が少ないコンビなので少しでも大きく見せて頂きたかったです…

・♪2人で (2人で) 未来へ

でキスするとき、いつもマクシムがマリーアンヌの溢れる涙を親指で優しく拭ってからキスをしていて最後の最後でやっとくる胸キュンポイントだったし、これから断頭台に登るマクシムがこのラストキスで自分の命をマリーアンヌに託しているという人様の解釈あまりにしっくりきすぎて最高だし、2階から見ないと分からないんだけどキスするときに横並びだった2人の影が重なって一つになる照明効果も含めてどこまでロマンティックなんだ!!みたいな感じだし、キスしたあとのおでこコツンも愛が溢れてて大好き。

・マクシムがマリーアンヌを送り出す時にマリーアンヌを前に向かせて軽く肩を抱く場面。1/20下手前方で見た時に「行くんだ」か「生きるんだ」(おそらく後者)って口が動いているのが見えてヒェッてなって以来ずっと下手に座る時にはマクシムの口元を見ていたんだけど下手の端でないと見えなくて、でも見えた時には毎回口がそんな感じで動いていたのでマクシムがマリーアンヌに託した命の重さェ…ってなってた。

・マリーアンヌに何か囁いてからマクシムがマリーアンヌの背中を押すんだけど、前期は愛しくてたまらないものをそっと片手で送り出すという感じ。背中から離れる指先の名残惜しさがすごかった。中期…というか新公後しばらくは、新公のあやなマクシムが両手でものすごい力強さでマリーアンヌの背中を押していたのに多分感化されたのか、力強く押すようになった。後期も結構力強く、でもトーン!って感じで重すぎもせず、本当に「後悔はない」「君には生きて欲しい」っていう願いを強く感じる仕様に変わっていって。初期の優しい感じも好きだったけど、笑顔でトーン!と強く、でも優しく背中を押すマクシムも好きだったな。押した後のサッ!と前を向いて階段を上っていくその後ろ姿も。

・マリーアンヌは押された時、初期〜中期は悲しげに前を向いて歩いていく、そんな感じだったけど、後期…特に2/6以降顕著だったけど、マクシムに背中を押された後一瞬切ない顔するんだけど、一度顔を上げた時には口元に笑みが浮かんでいて。彼の魂とともに生きていくんだ、みたいな表情できるようになっていく様を目の当たりにしたので尊さがすごかった…。一つの公演でこんなに表現の色と幅が変わると思っていなかったので、ものすごい進化を見たと思う。

・最後にマクシムが登る断頭台への階段は12段で、それまで登ってたお立ち台は13階段だったの、演出的にどういう意図があったのかずっと考えているけど答えが出るわけではないのでいつか劇場で生田先生にお会いしたら訊いてみたい質問リストに入れておこうと思う。